歩きのテクニック


バテて当たり前?

「山登りに行かないかい。」あなたはそう誘われたとき何を感じますか?
いやあ、体力がないからすぐバテちゃうよとか、 疲れるから嫌だなあと思われたりしていませんか?
山に登る=力の限り登る=バテて当たり前。 そしてそれに打ち勝つ体力を持っているのが 登山という行為であるという公式を頭に刻み込んではいませんか?
それが登山と思われては嫌われても致し方ありません。
さかぼうも多分にそう思いこんでいましたが、結論として答えは「ノ−」です。
山には山の服装や装備があるように、「山の歩き方」もあるのです。

答えは実に簡単「バテないように歩く」のです。
ほら、簡単でしょ。「・・・そんなの当たり前だ!」と思われることでしょう。 そうなんです。しかし、その当たり前がなかなか、難しかったりします。
マラソンでゴ−ルまで走り通すのは無理でも、ゆっくりと時には歩いたりしながら でしたら完走できますよね。要は、自分のバテないペ−スをつかむという 事なんです。
が、いざ歩き始めると「オレだってまだまだイケるぞ」とか、 「チョットぐらい体力に自信があるゾ」という意識から、ついついオ−バ−ペ−スに なりがち。つまり体力よりも心理的な要素が重要なのです。

だからこそ、始めに意識して、ゆっくり歩く。 のがポイントとなります。
体が暖まってきてもあくまでゆっくり。心拍が早まり辛くなったら即座にぺ−スダウンする。
休憩は1時間毎に5〜10分の休憩を守ります。
さかぼうは調子がよければ、2〜3時間歩き通す事もありますがあくまで、 「ゆっくり」を意識します。

早いけどすぐバテる。そして、休憩時間が多いという登り方と、 あくまでゆっくりだけど持続的に登る。 どちらが、山頂に早く着くかというとゆっくり歩いたほうが早い場合が多いはずですし、 また、山歩きを何倍も楽しめます。

まれにものすごいペ−スで登る方がいらっしゃるのも事実ですが それはス−パ−な方々のトレ−ニングだったり、練者のぺ−スですので、 気にせず自分のペ−スを守りましょう

さあ、あとは実践あるのみです。


合理的な山歩き術

バテない歩き方を意識してできるようになったら、今度は 「静荷重静移動」の練習です。
足場の悪い山道を歩くときに平地と同じように歩くと、 不安定で疲れが早く、落石も起こしやすく危険です。 そこで「静荷重静移動」の出番なのですが、これは、一朝一夕にマスタ− は難しいかもしれません。
しかし合理的な歩き方 ですので是非マスタ−しておきましょう。

普段の「歩き」は右足を前に出し、左足で地面を蹴って左足を前に出す事の繰り返しで 前に進むみます。
「静荷重静移動」とは、右足を前に出し、体の重心を徐々に右足にかけていきます。 そして重心の掛からなくなりつつある左足を地面を蹴らずに持ち上げ、前に出します。
これの繰り返しです。
さあ意識してやってみましょう。
最初はどうもぎこちなく、まるで「ロボコップ」のようになることでしょう。
それで良いんです。最初は誰しもそうなるのはずですので。


さあ、街で練習だ


さあ、「バテない歩き方」と「静荷重静移動」練習なくして身にはつきません。
月1回の山行でそうそう身につくとも思えません。 そこでさかぼうは、街で練習しました。
デパ−トや駅の階段でそれらの実践。特にデパ−トは段数が かなり続くのでトレ−ニングにもなりました。
決して軽快でない歩き方なので ある時友人に「足ケガしたの?」と本気で心配されたりしましたが、 その甲斐あって、山に行くと、自然とそんな歩き方になる体になっています。


どっちが辛い?登り下り


あなたは、登りと下り、どちらが辛いですか?
さかぼうは以前、いつも登りでバテてましたので、 当然登りが辛いと思ってました。
しかし山の歩き方を実践するようになって、 今度は、下りが辛くなりました。
どういう事なのでしょう。

登りは、体力を使う。 下りは筋力を使う。さかぼうはそう思っています。
登りの辛い方は、オ−バ−ペ−スになりがちなのではないですか? 下りの辛い方は、筋力アップが目標です。
そう考えると、理にかなうように思います。

しかし筋力アップは、継続的なトレ−ニングが必要。 したがって、さかぼうはいつも下りで足の筋肉が、引きつりながら歩いています。


トラブルでも安心?想定登山

さあ、山の歩き方はバッチリですか?それでは山へ行きましょう。
あれ?雨が降ってきましたね。どうしましょう。
一体ここは何処?道に迷っていませんか?
そろそろ、あたりが暗くなってきました。ツエルト(簡易テント)を 持っているけどちゃんと使えますか?

脅かすようですが、実際にありうる事態です。
だからこそオススメするのが、想定登山です。

さかぼうが山に登り始めて、いろいろ経験を積んできた頃、想定登山は更なる ステップアップに有効でした。
雨降りを想定した山行。夜中の行動を想定した山行。ビバ−クを想定した山行。 などなど、考えると色んな事態が想定できます。
こんな事をなぜやるかというと、実際の事態で心に少しでも余裕ができるからです。

雨が降ったから、あまり楽しくない山行だった。ではあまりにサミシイですよね。 雨でも楽しくするには、その状況に慣れる事。
ドシャ降りの雨に打たれながらコンロで作ったあったかいラ−メンをすするのも 案外楽しい想い出です。