地図を読もう


道迷いの法則

山には標識やハッキリした目印は街のように多くはありません。
だからこそ道迷いが遭難の多くの原因になっているのです。

それでは問題です。
さあ、あなたはひとりで山に出かけたとします。
明るい落葉樹の林を冬枯れの落ち葉を踏みしめて歩いていくと、ハテ? いつのまにやら踏みあとがなくなっています。
さあ、あなたならどうする?
はたまた、夏のアルプスで標識にしたがって下山途中、踏みあとが縦横無尽に ついていました。あなたは「こっちだろう」と当たりをつけて1時間も歩いたでしょうか、 いつのまにか絶壁に進路を阻まれてしまいました。
さあ、あなたならどうする?

無駄のないようル−トに一番の近道になりそうな方向に進むかな?
もしくは下山なんだから低い方に行けば下山できるだろう。
と、そう思ったあなたは遭難一歩手前ですね。
更なる道迷いの深みにハマります。これは道迷いのお手本なのです。

そこで地図の登場です。
とはいえ、地図があれば助かるというわけではありません。
マズは現在地の確認をすることから始まります。

顕著な目印が2点以上あれば地図とコンパスを使って現在地を推測できます。
あくまで、推測です。
しかも天気がよい時ばかりではありません。
展望がなければ地図とコンパスがあってもそれすらかなわないのです。

迷ったら、迷わずに
地図とコンパスがあっても解決できないなんて、じゃあ、どうすれば良いんだ!
もちろんそうですよね。役に立たないなら必要ないですものね。
それでも地図とコンパスは必要なのです。
なぜなら、道に迷わないようにするためにです。

さあ、道に迷ったら迷わず来た道を戻ってください。
1時間だろうが2時間だろうが、です。
で、現在地が確認できる場所まで戻ったら、そこで初めて地図の登場になるのです。
そうすれば深みにハマることはまず有りませんね。
そうして、今後は忘れず実行してください。
分岐や標識など目印になるところでその都度、 地図を開いて現在地を確認することを。

迷う前に、迷わないようにする努力を惜しまないでください。 それが一番の解決方法です。

地図の種類

地図にも色々ありますね。ロ−ドマップに住宅地図、日本地図、ガイドマップ・・・。 地図といってもたくさんあってびっくりするほどです。
賢明な方なら間違ってもロ−ドマップは持っていかないことでしょう。 恥ずかしながら私は最初、ロ−ドマップを持っていきましたが。(笑)
さて、それでは山に適した地図は何でしょう。

山に行くには登山道を歩きます。 ということはモチロン登山道の情報が記載されているモノが有効です。
本屋さんへ行くと「山の地図」というのが販売しているはずです。 昭文社や山と渓谷社、ゼンリンなどから、1/50000の縮尺のものが発行 されています。
「槍・穂高」「谷川」など山域別に歩行時間や情報を満載しています。 1年毎、更新されますので最新版が望ましいのですが、一部700円くらい するのでその都度、最新版を購入するのはシンドイ(笑)ので私は数年前のもので ガマン(?)しています。
個人的には昭文社が私のお気に入りです。

この地図は、最低限用意しなければならないもの。 はじめてみる方でも判りやすく見やすく出来ています。

それからもうひとつ用意したい地図に、1/25000地形図があります。
これはなかなか本屋さんで見かけることはないシロモノ。 全くなくはないのですが、扱いのある本屋さんはかなり限られています。 そのほか国土地理院や地図専門店、登山ショップなどでも手に入ります。 取り扱いがあるかどうか、お住まいの近くで幾つか調べておくと良いでしょう。

この地形図は国土地理院発行で等高線、三角点、登山道も含む道、ダムや崖、川、植生など の情報が記載されています。
しかし、情報といっても発行時の地形的事実が記入されているだけですので 初めて見るとチンプンカンプンかもしれません。

地図は目で読め!

たとえば地図をじっと見てみます。
等高線の縞模様が自然の丸みを帯びて美しくもあり、心地よく目の疲労もし・・・。(笑)
ガイドマップならば見るだけでも時間が明記されているし、高さなど色分けされて わかりやすく作られているのでとても便利です。

しかし、1/25000地形図はそうはいきません。
縞模様と道、川、湖沼、いくつかの地図記号が書いてあるだけです。
それなら1/25000地形図なんてと思う方も多いことでしょう。
そう、実はガイドマップがあれば無用かもしれません。
ガイドマップがあって道に迷うことが絶対なければね。

地形図の利点のひとつは縮尺。
ガイドがおおむね1/50000の縮尺に対して地形図は1/25000。
等高線も20mと10mの違いがあります。
1/50000でコンパスを利用して現在地を推測するのは至難です。 地形を判断するのも同様です。
もし、道に迷った時など地形や植生、コンパスを駆使するには地形図が 最適。
つまり1/25000地図は見るのではなく、 記号を基に「読む」のです。読んでこそ道は開けるはずです。


地図は正確?


全信頼を基に使われる地図。はたして地図は正確なのでしょうか?
もっとも、デタラメでは役に立たないのですが、 実を言うと地図は正確ではありません。
地形は日毎変り行くものだからです。
それが登山時に大きく影響があるかといえばあまりないといって良いでしょう。
しかし、もうひとつの落とし穴が地図にはあるのです。

それが方角、つまり東西南北です。
地図では上が北になります。 ということは下は南で右が東、左が西ということになります。
登山時はコンパスの北と地図の上を合わせて方角を知ることになります。 ココが落とし穴です。

ではナゼ、コンパスは北を指すのでしょうか? 正直、私には良くわかりませんが、実はコンパスが指している”北”は「磁北」 であって、真北ではないのです。
地図によって差異はありますが5〜10度の差があるのです。
差異は1/25000地形図に明記されています。「西偏7'50」というのがそれです。
真北と磁北を合わせて1km進むとたしか目標から200mほどズレてしまいます。 (数字はうろ覚えですがたしかそのくらいです)
したがって地図は使用前に「整置」する必要があります。

「整置」というのは自分の使いやすいように地図を創って行く作業です。
最低限、磁北を記入しましょう。西偏7'50ならば磁北は西に7.5度傾いている ということ。地図の真北に分度器を当てて7.5度ずれた線を記入しておきましょう。
あとは自分なりに磁北線に合わせて2cm(2cmのマスは実際には500mになります)の マス目を記入したり、歩行時間を記入したり、ル−トに朱線を入れたりするのです。


それでもダメなら


これまで、地図の話をしてきましたが、迷う前に地図で現在地を確認しつつ 歩く、これが基本です。
もし、迷ったらわかる所まで引き返す、これもセオリ−です。
はたまた、引き返す道も分からない時は登り返すのが有効でしょう。
現在地が不明な時は地形図の記号を読み、またコンパスを駆使し現在の 展望と重ねあわせて現在地の推測と行動の判断をすることが必要になることが ありますが、これはカナリの経験と熟練が必要な技術です。
ただ、迷ったにしても相当の方向音痴でなければ「展望がある」 時に切羽詰ることは無いとも思います。

私が一番恐れるのは、ホワイトアウトです。
地図を読むためのヒントがあまりにも乏しくなります。
雪山ともなればなおさらで、方向はおろか自分の水平感覚をも狂わせます。
そんな時は無為に動かず、「死ぬよりマシ」と思ってじっと視界が開けるまで 待つのもひとつです。
「明日仕事だから」という理由で強行下山し遭難した という話は良く聞く話でもあります。
地図を読めるのはモチロン有効なのですが、「行動判断」が運命を握っていることを 忘れないでくださいね。