いくつもの出会い


山での出会い

山に行くといろいろな出会いがそこかしこにあります。 風のように出会いまた会える日を誓って別れる。 そんな出会いが山の愉しみの一つ。 ここではそんな出会いとエピソ−ドを紹介いたします。 名前も知らない方々ですが、一つ一つが想い出深いものでした。


孤高のねこ

いきなり人でなく恐縮です。(笑)
筑波山に登ったときの事。山頂はさすが観光地 だけあって、かなりの人がそれぞれ山頂を楽しんでいるようでした。 そろそろ下りようと少し下るとそこにいたのは ”ねこ”
ああねこか。いや、まてよなんでここに”ねこ”? こんな所で”のら”でもあるまいし。
しばらくすると”ねこ”は単独で山頂方向に歩き出しました。

抜きつ抜かれつ
山頂へ向けて抜きつ抜かれつ。こんな事よくありませんか?
別に競争し合ってるわけではありませんが、僕が休憩してると抜かれて、 相手が休憩してるとこちらが抜く。
そんな事を繰り返して、 「いやあどうも」「またまたどうも」なんていってるうちに 別に何をしたわけじゃないのに関西の夫婦と 山頂では仲良くなってしまったりして。
関東と関西それぞれやってきて ちょうど真ん中で偶然、出会いが待っている。 こんな事って、なかなか感動的なものです。

救世主は高校教師
恥ずかしい話ですが、寝不足で歩いたときに林道脇で居眠りしていたときの事。 さすがに心配になって、声をかけていただいた方がおりました。
そのかたは高校教員で山岳部顧問との事。体調不良の僕をリ−ドしてくれ 何とか予定どうり歩けたわけで、感謝、感謝。
樹木、鳥、植物に詳しく、山頂まで楽しく過ごせました。

大キレットを行く70歳
新穂高から槍を目指し、槍平小屋に泊まった時、70歳で大キレット を歩いた大先輩のお話を聞いた。
今は73歳で双六を目指しているとのこと。
70で大キレット。心身ともにお元気で見習いたいものです。


ギタ−を担いだ青年

それは槍ヶ岳山荘前でランチタイムを取っていたとき。
殺生ヒュッテ方向から 聞こえる若人の歌声。それを彩る楽曲の音色。声は段々と近づき、小屋の前へ。
見ると先頭の若人がザックにエレキギタ−を括り付けているではないか! あの軽快な楽曲はこれか!なんだか若いっていいなあ−と感動してしまいました。
彼らはギタ−をひき、歌いつついくつの山を越えたのだろう。 まるで「サウンドオブミュ−ジック」なのである。

槍を極めた高所恐怖症?
槍の穂先への登り。普通の方でも高度感に身が引き締まる所でしょう。 それがどうした前の方は何と「高所恐怖症」。
息は荒く、手足が震え、それでも 穂先を目指して登る。お先にどうぞとすすめられ先に山頂へついたが しばらくして当人も登頂。先に来ていた同行者に「手が痺れてきた」などと 訴えるも、「70万出せばヘリで降りられるよ」とたしなめられる。 下りは大丈夫だったのだろうか。

酒呑んでクダ巻く?
それは丹沢某小屋での事。食事も終わり談話室でそれぞれ語らい楽しい ひとときを過ごしていました。
小屋主がつまみと日本酒を振る舞ってくれて、 話も一層盛り上がってきたのですが、その中の一人が呑み過ぎたようで、 同じ話を繰り返し、終いに居眠り。就寝時刻も過ぎて各々寝床につく頃になっても 当人は居眠りを続ける。
小屋主が起こそうとするが「少しすれば覚めるから」と 言いつづけるが、そこは真冬の山頂。小屋主が実力行使。 寝床まで引きずっていかれていた。
当の本人、酒の入る前は「山で酒呑んでクダ巻く男ほど始末の悪いのはいねえ」と いっていたのに・・・。 翌日、お互い気まずく、言葉交わせませんでした。
これもひとつの出会い。そして、教訓。


山頂レストラン

夏の谷川岳。静かな山道を歩いて、ようやく山頂へ。するとそこには 人、ヒト、ひと・・・。みんな山頂でランチタイム。足の踏み場も無いほどだ。
どうにか写真だけは撮らせていただいたが、歩くにも迷惑がられる始末。 不満を胸にしまいつつ、さっさとオキの耳へ。
しかし途中で突然、激しい雷雨が襲ってくる。 さっきの山頂レストランの方々を心配しつつ、それ以上に肩の避難小屋 の混雑を考えるとなんだかコミカルで心配ながらも微笑ましい? 複雑な気持ちの一幕でした。

大都会尾瀬
5月の尾瀬、そこは人々の行き交う大都会。
”山ではだれかれも挨拶をする” と聞いたし、実践してきたが、ここではちょっと・・・。
相手の様子を見て声をかけたが、それでも疲れた。 オ−バ−ユ−スの問題が取だたされているが、 現状を目の当たりにすると納得。
燧ケ岳への道は静かな山を 楽しめましたが、「尾瀬」そこは麓の片品村や桧枝岐より季節的人口は多いようである。

谷川岳2000回
巌剛新道から谷川岳を目ざしていた時。
後ろから来た方に道を譲った瞬間目に 飛び込む「目標谷川岳2000回」 そして「ただ今16○×回」の文字。
しかし1600回って365日毎日登って4年、1週間に一回で??? 頭が下がる思いです。
その後、TVのドキュメンタリ−で出演されていたよう でしたが、残念ながら見逃してしまいました。
谷川岳に行くときはまた、会えるといいなあ。