山ファッション


格好から入ったあの頃

私が何も知らずに山登りをしていた頃というのは、 自分の思い描くカッコイイ(今思うと恥ずかしい)アウトドアルックを 一生懸命真似ていたに他なりません。
アウトドアブ−ツに迷彩ズボン。小脇に”ゴッツイ”ア−ミ−ナイフ。 これじゃ、まるで「ランボ−」です。(笑)
そんな格好から次第に経験を積み、徐々に登山者らしくなってまいりました。
山に登るために新進の服をそろえるにはかなりの予算が必要です。
ということで、私はまず軽登山靴を買いました。 それから山に登るたび、何か一品ずつ買い揃えていきました。
そうする事で本当に必要と思われるものを無駄無く買えたと思いますし、 満足できる服装(装備)になる頃にはいろいろな経験を積むことができ、 服に合わせて山行のステップアップも無理なくできたとおもいます。

以下にランボ−卒業後の山登りのスタイルです

靴は完全防水の軽登山靴(18000円くらい)
ズボンはどこでも売ってるスラックス(ツ−タックの方が動き易くて良い。)
上は綿のTシャツに、綿のカッタ−シャツ
ザックは30L(値段も忘れた年代物)
雨具はホ−ムセンタ−で売ってた980円の雨合羽
靴下はサッカ−用のソックス

この格好で、田代山や筑波山に行きました。
夏に晴れていれば、まったく問題ないのですが、山頂で一休みのとき、
綿の下着は汗が冷たい。そう言えば新素材の下着やシャツが「初めての山歩き」 に載ってたなあと妙に感心して帰りすがらに登山ショップでモンベルの新素材 Tシャツ(2800円)を買ったときから、山にひとつ登るたび必要に思ったものをそろえて いくようになったのでした。


おぉ、これは快適!

さて前述の新素材。どういう素材なのでしょう?
下着の素材として多く使われている綿。 肌触りが良く吸水性が良いのですが、乾きにくい ため、風にさらされていると途端に冷たく感じるようになります。 それはまさに不快であり、事によると凍傷や凍死の原因にもなりかねません。
そこで新素材。
オ−ロンだとかクロロファイバ−だとかいろいろありますが これは濡れたときにあまり冷たさを感じない事と発散性が良いというのが ウリであり、とっても乾き易いものです。
事実、雨降り山行で雨合羽のため汗で全身濡れたにも関わらず、 山頂小屋では不快感もなく、下山した時にはすっかり乾いていたのだから スグレモノです。


お金のかからない登山服

新素材のTシャツを買ったけれども、 かといって上から下まで登山用品店の有名メ−カ−品でビシッと決めるには 先立つものがない
さて、どうしよう。
・・・・・・。
そういえば会社の制服、乾きやすいよなあ。
えっと、素材は・・・。
そう、化学繊維。 ポリエステルやウ−ル、アクリルだ。 これなら、大手ス−パ−で安く売っている。
そうして買ってきた化学繊維のシャツ(980円)。
ズボンはコンバ−スの内張りがメッシュになっているパラシュ−タパンツ(3800円)。
ペットボトルから作れる軽くてあったかいフリ−スジャケット(980円)。
果たして実践で使えるのか?

結果は言うまでもなく綿に劣るはずもありません
ズボンとフリ−スは今でもハイキング用の現役 です。 今でもシャツはあまりにも地味だったため、 今は登山用品店で買ったもの(7800円)をよく着ています。 今でも登山用の衣服の方がイイに決まってるかもしれませんが、夏山で今の所は 上下13000円足らずの服装ですが、 満足に思っております。 今でも今現在夏山の服装は新素材ティ-シャツに下はジャ-ジと、むしろ価格破壊傾向です。


雨が降っても戦は・・・

さて、これで夏山の基本の服装が快適になりました。 今でもしかしいくら乾きがいいといっても、濡れる事は気持ちのいいものでは ありません。
雨合羽(ゴム引き)というのは雨ではなく、自分の汗で蒸れ、濡れるのです。

早池峰での教訓は、レインコ−トでした。
980円の雨合羽も我慢できましたが、かさばるのと蒸れるのが難点。
ここは「え−い」っと靴を買ったとき以上に思い切って、 ゴアテックスの セパレ−トレインウェア(24800円)とセミロングスパッツ(5000円)を購入。 ゴアテックスとは、外の雨は入らないが、中の湿気は外に出るという優れもの。(NASAも採用!)
高価なため思い切りが必要(少なくとも私は)でしたが、 快適さも比べ物にならないほど良好です。
さあ、いつでも雨降れ!というと途端に好天山行ばかりでした。
その快適さを実感するのは7ヶ月も後の事でした。
ちなみにスパッツとは足首に付ける雨進入、裾汚れ防止のカバ−で、 見た目レッグウォ−マ−みたいなものです。


さむいさむい真夏の朝

防寒着というとなんだか寒い所に行くように聞こえますねえ。
真夏にいくら山だって、寒くはないでしょう。と思われるかしれません。
確かに晴天時は日差しがきつくて、汗もかきます。
しかし、3000m近い高山では、晴天以外の天気や、昼間以外は、 ちょっと大袈裟かもしれませんが平地の初冬 くらいの気温になります。
実際、真夏の北アルプスでテント泊の朝、 寒さで起こされることは珍しくはありません。
何はともあれ、防寒着一着はザックに忍ばせたいものです。 (ビニ−ル袋で防水も忘れずに)

防寒着について、ガイドブックなどではセ−タ−がよし とか、フリ−スが軽くてよしとか、風にはパ−カ−がよしとか書いてあり、 「じゃあ全部もってくのか?」と困った りしたときがありました。
試行錯誤の結論。
上は下着にシャツこれが歩くときの基本。
寒いときはフリ−スを重ねる。
また、風があるときはレインウェアを重ねる。
下はパラシュ−タパンツを基本に、 寒ければインナ−として新素材のモモヒキ? みたいな下着や、フリ−スのズボンを中に重ねる。
風があれば、やっぱりレインウェア。

夏についてはこれで充分。というより、今までそれで間にあっています。


格好から快適性へ

山に親しみ始めた頃はともかく、格好から入りちょっと勘違いしていた頃の 写真などを今見ると恥ずかしくなってしまうのですが、 みんな最初は経験がないためになにを揃えるべきかわからないはずです。
しかし、それらを気にしすぎて、上から下まで 山ブランド品を初めから 揃えるのも解決の一つでしょうが、それは、いきなり高山に行く事と 同じような気がします。
ですから、いくつか山に行って、不快だったり不便に思ったものを 段々と揃えていく方が、 経験も積めるし経済的にも技術的にも良いように思います。
また、山に使えそうな物を探したり、自分の山登りの形を研究する事もなかなか 楽しいものではないでしょうか。