ハイグレ−ドハイキング


さあ、一歩踏み出そう

ハイキングや縦走を経験し登山がとても楽しくなってくるころにはおそらくすでに経験しているであろう 「鎖場」での簡単な岩登り。
少々、スリリングでなんか”登山”って感じしますよね。
この辺りの緊張感が心地よく、もっとチャレンジしてみたいと思ったならば、まずは ハイグレ−ドハイキングがオススメ です。

ハイグレ-ドハイキングと言うのは岩登りなど危険要素の多く含まれる登山、ハイキングのことなのです。
楽しい山もモチロンですが、緊張感ある山はその充実感もひとしおです。 とはいえ、そのル−トの中には地図に記載のない道であったり、道を示す線が破線であったりして明瞭としない 踏み跡をたどることもしばしば。

岩登り技術意外にも地図読み技術などの登山知識、技術をふんだんに使う場面が出てきます。
危険も多くありますがそれを克服し事を成す、いわゆる冒険ココロを刺激する魅力がそこにはあります。

遭難の危険度
ハイグレ−ドハイキングではもちろん普通のハイキングに比べて格段に危険度は増します。
遭難については滑落、道迷いなどがその代表的な例となりますが、モチロンそれに対応するべく 準備は万端にする必要があります。
山の中で、「誰に聞いた道が間違ってた」とか「赤布が少ない」とかいったところで遭難は遭難。 なおさらホンの一手をつかみ損ねたり、一歩をおざなりにすることで簡単に滑落はします。

改めて自己責任、自己完結の認識をもって取り組んでいただきたいのがハイグレ−ドハイキングです。

ハイグレ−ドル−ト
昭文社などの登山地図を見てください。たいがい登山道には赤い線が引かれています。 その中に赤線が破線(点線)になっている道はありませんか?
それは管理が行き届かなかったり危険が多い、いわゆるハイグレ−ドなコ−スと言われているル-トです。
「ハイグレ-ドハイキング」を題材にしたガイドブックもありますし、たいてい 破線ル-トであればその範疇と言えます。

さかぼうの経験の中で、その代表的なル−トは表妙義の縦走や西穂高〜奥穂高の縦走、剣の北方稜線などです。 また南アルプス鋸岳〜甲斐駒やシブいところでは南会津の八十里越えなどガイドに頼らず道を探し出したり、古き文献から 道を見出したり、ル−トは様々にあると言えます。

そう、この登山の楽しみは、「ル-ト」を探すところから始まります。
もし興味をもったならまずはいろんな地図を広げて面白そうなル−トを探してみましょう。