第31回公演
「穂高三昧、さかぼうの場合
−前穂北尾根・北穂東稜−」
2002年7月下旬
(長野県)
前穂北尾根は前穂高岳山頂から北東に屏風の頭へと 伸びる鋸歯状の岩峰である。槍ヶ岳北鎌尾根、剣岳八ツ峰と三大岩稜のひとつに 数えられる。
北穂東稜は高度感あふれるナイフエッジの岩稜である。天気が良ければ右に槍、左に穂高と槍・穂を満喫できる すばらしい展望が広がる


◆コ−スと時間

第一日
平湯あかんだな駐車場(5:25)−上高地(6:00)−徳沢(7:25/30) −横尾(8:25/8:35)−本谷橋(9:35/9:50)−涸沢(12:30)

第二日
涸沢(4:00)−5・6のコル(5:20-25)−3・4コル(6:40/50)−前穂(8:55/9:20) −奥穂(11:05/10)−白出コル(12:10/20)−涸沢(13:25)

第三日
涸沢(5:20)−北穂沢分岐(6:20/25)−最低コル(7:10/20)−東稜コル(7:40/45) −北穂(8:10/25)−涸沢(9:55/10:35)−横尾(12:40/50)−上高地(15:20/15:30) −平湯駐車場(16:20)


横尾から前穂高を望む 夏山の舞台
強烈な陽射しとは裏腹に涼しい微風がさわやかな梓川のほとりから 夏山の舞台を見上げる

にぎやかな横尾までの道は起伏も少なく少々ウンザリと言いたい所だけれど これから始まる夏山休みを考えればそれすら少しの苦でもない
ましてやこんな好天に恵まれたのはまさに天佑神助とも言うべきか、 普段の行いというべきか。

それなどまるで自信のないさかぼうはこれからの山行日程もあるので 念のため感謝しておく。「晴れ男、晴れ女の皆さんありがとう」

横尾から涸沢目指して横尾大橋を渡るといくらか山らしくなってきて 少しホッとすることができた。
涸沢 再会

バテバテだった
老齢の紳士に次々と追い越されながら彼方にはためく鯉のぼりを目指す

涸沢ヒュッテについたときにはヘロヘロになっていた
息を切らしながら「全くだらしねえなぁ」と嘆きつつ天を仰ぐ。 喉の渇きを憶えてきたそのとき、出会いは待っていた。
疲労にゆがんださかぼうの顔に微笑みが戻った。

再会を祝って生ビ−ルで乾杯した。
HeavenSite、安藤さんとの再会である
ビ−ルは五臓六腑から手足はもとより頭髪の先々まで染み渡った。

北尾根の夜明け 出発
午前四時
空は暗くとも晴れ渡っているのが良くわかる。 生憎、明るい月が邪魔をして満天の星空は拝むことはできなかったが これからの好天を思うとココロは踊る。
月明かりに導かれながら二人は歩き出した。

目指すは前穂・北尾根
昨年、北鎌に行ったときから次は北尾根を考えていた。
偶然ではない。むしろ必然である。
「なぜ?」と問われれば未だに笑って誤魔化すさかぼうだけれど 言葉にできない確信が其処に存在しているのは事実なのである。

雪渓の左、ガレの踏みあとを辿って5・6のコルへと向かう。
半ばまで登ると朝焼けが穂高連峰を焦がしていた。
そうして、さかぼうの夏は始まるのである。