第82回公演
「悲しみよりは、喜びが−那須・苦土川井戸沢−」
2009年6月下旬  
(栃木県)  
明るく開けた井戸沢は、渓相といい、比較的手軽な滝登りといい、総合的にオススメの一本。 アプロ−チのでは会津の歴史に触れ、下山には和風な癒しの中ノ沢、仕上の板室温泉で〆れば、充実の一日となること請け合いだ。


井戸沢の滝登り それが山なら

ラッキ−なことに梅雨の晴れ間をゲット。
しかも井戸沢はいきなり核心。
15m滝を超えれば、明るく気持ちいい沢のスタ−トだ。

屋上から見る街並みに
生きてゆく悲しみや、生きている喜びが
いくつも混じっているものだろう

悲しみはさぞかし深く、喜びは空いっぱいにあふれゆく
街には街の悲しみと喜び
よくわからなくなってしまった苦悩で、ため息ひとつ

それが山なら如何ほどか
仲間がいたなら如何ほどか


開けたナメ みどころ

きらめく陽光に気分を良くして、滝場をのんびりと登っていく。
井戸沢のみどころの始まり。
ナメのような、スラブのような快適な沢床をぺたぺたと。
背には那須の山々。こここそ井戸沢、癒しの核心です。

♪ 山には山の愁いあり
   海には海のかなしみや
   ましてこころの花園に
   咲きしあざみの花ならば ♪
                    〜あざみの歌より

沢はこうしてのんびり行くのがいいものだ。
同行のNさん。ゆったりと愉しんでいきましょう。



流石山 見晴らし

二俣から傾斜は増してぐんぐん高度を上げる。
息も上がり始めたころ、笹原をかき分け登山道にポコンと出た。
流石山は笹と潅木に覆われた見晴らしのいい山頂。
かすかな涼風が心地いい。

山上から見る山並みに
生きてゆく悲しみや、生きている喜びが
いくつも混じっているものだろうか
悲しみよりは、喜びが空いっぱいにあふれゆく
そうして、ため息をまたひとつ

それが街なら如何ほどか
夕暮れの屋上ならば如何ほどか



中ノ沢 沢風
中ノ沢を下る。
傾斜の少ないおだやかな流れがこれまた癒し系の王道だ。
途中のこぶのあるナメは水流が複雑に絡み合いながら流れていく。
まるで生きているかのようだ。
和の流れと心地よい沢風が胸に沁みる。

♪ 高嶺の百合のそれよりも 秘めたる夢もひとすじに
  くれない燃ゆるその姿   あざみに深きわが思い
  いとしき花よ汝はあざみ  こころの花よ汝はあざみ
  さだめの道ははてなくも  かおれよせめてわが胸に ♪
                                   〜あざみの歌より

この沢を最初に教えてくださったKさん、ようやく辿り切りましたよ。
聞いたとおり、とても心地いい沢旅になりました。