縦走に出かけよう


山歩きの種類


さあ、それでは山に出かけましょう。
初めて行くなら日帰りのハイキングが最適ですね。
次にチャレンジしたいのは小屋泊まり。それからテント泊。 次々といろんな山の楽しさを堪能してください。

そうしてくるうちに山登りにもいくつかの山行形態があることを知るはずです。
ハイキングにピストン山行、縦走、ヤブ、雪山、クライミング、沢登、アイス・・・。 最近は沢下りやゴルジュ突破などなど、色々な山の遊び方が創造されています。
難易や道具も異なりますが、段階を追って行けば決して手の届かない山遊びは 無いはずです。
もしこれからハイキングをはじめる方は是非憶えておいてください。

それからハイキングやピストン山行をソツなくこなせるようになったら次に オススメしたいのが「縦走山行」です。


「縦走」ってナニ?


「縦走」。山をはじめたばかりの方には聞きなれない言葉ですね。
タテに走る?言葉から読み取ればそうなります。(笑)
賢明な読者ならご存知のことと思いますが、縦走とは山々の稜線を伝い山から山へ歩いていく そんな山行スタイルのことです。
つまり山は山でも連峰でなければ縦走は成り立ちません。 富士山のような独峰では縦走は出来ないのです。

筑波山しか知らずに育ったさかぼうは、山といえば「独峰」を連想していたので 甲府から「連峰」を仰ぎ見た時にはカルチャ−ショックでした。
縦走のイメ−ジがわかないのも無理はなかったのかもしれません。

さて、その縦走。登って下るハイキングやピストンにはない魅力が多くあります。 なんといっても展望が存分に楽しめること。
ほぼ稜線伝いに歩いていきますので右に左に展望は開けています。 また、いくつも山頂を踏めるのも楽しみのひとつですね。

せっかく登ったのですから、一度で何回も楽しめる縦走はとってもお買い得なはずです。(笑)
おそらく縦走がキライって山ヤはいないのではないでしょうか? それくらい魅力的な山登りの形態です。

魅惑の縦走路
さて、「縦走」いってみたくなった方はいらっしゃるでしょうか?
それでは魅力の縦走路の紹介をいたしましょう。

手頃なところでは丹沢表尾根から西丹沢、八ヶ岳南北縦走なんていかがでしょう。
もっと手ごたえを求められるのでしたら奥秩父縦走、朝日連峰縦走、かな。
西穂高−奥穂高はアルピニスト憧れの縦走路なんていわれていますし、 そこから槍ヶ岳までつなげれば充実感もひとしおでしょう。
さらには南アルプス全山縦走や親不知の海岸から北アルプスの縦走といえば一生の思い出ものですね。

日本全国、さまざまなところに痛快な快適なドキドキな縦走路が存在します。
どれをとっても魅力的な道なのですがあなたのココロに響く道があったならまずは計画を立ててみましょう。 夢のまた夢だとしても、必ず道は繋がります。
それを望み続ければいつかはきっと歩く時が来るはずなんです。 そのときのために計画を立て、思いをはせてみるだけでも十分楽しいはずです。