第72回公演
「喜びは笑いと共に−谷川岳・中央カンテ−」
2008年5月下旬  
 (群馬県) 
一ノ倉、烏帽子沢奥壁を代表する人気ル−ト、中央カンテ。快適なフェ−スクライミングはアルパインクライマ−なら 一度は登っておきたいマルチピッチル−トといえよう。


一の倉沢出合 白眉

さしもの一の倉も平日の今日は写真家が数人。
天気も、雲が掛かっているものの、このくらいは好条件の域である。
そしてなんといってもこの条件下、クライマ−の姿がない。
まさか一ノ倉を貸切?

雪渓を快適に登って中央稜取り付き。
出合からテ−ルリッジまでずっと雪渓通しは快適だ。

中央カンテは一の倉、烏帽子沢奥壁1.2の人気ル−ト
下部は凹状と同じル−トを辿り、上部は変形チムニ−と合流する。
オリジナルとしては3.4ピッチの浅いカンテ〜フェースだけだが、このオリジナルがル−トの白眉
楽しみな部分でもあるわけだ。

3ピッチ目をいく 凹状
取付きは前夜の雨の影響か、飛沫が酷い。
岩陰に身を寄せながらなんとか回避。
この先、少々思いやられる。

1P・フォロ−
取り付きからバンド状を右へ。
行き当たりを左上。細かいフェ−スだが、ウォ−ミングアップには丁度イイ。
硬い体で少々ぎこちなく。

2P・リ−ド
数mフェ−スを登ると一気に視界が広がる。雄大なスラブ。
先には凹状ル−トが明瞭。
カンテはスラブを左上しカンテの基部でビレイ。
ここは凹状からの落石が多いらしい。迅速な行動が望まれる。

4ピッチ終了点でフォロ−を迎える カンテ

3P・フォロ−
カンテを超えてフェ−ス。
幸い岩は乾いており、快適そのもの。
いい具合に体もほぐれて、ホ−ルドとフリクション便りに大胆なム−ブ。
あくまでここは痛快に。

4P・リ−ド
乾いたフェ−ス。
3Pと比べれば困難さはないが、その分、リラックスしながらのノンビリ登攀。
小チムニ−下でビレイ。
5Pからは変形チムニ−同様のル−トをトレ−ス。



下部の垂壁 核心

この頃から上部のガスが晴れ、この上ない青空に。
小チムニ−を大胆に越え、簡単なフェ−スを行きあたれば、核心。
最初の垂壁は奮戦むなしくA0。
最後に右へ一歩出すのに度胸がいる。

その上のコ−ナ−クラックは、予習通りのム−ブでフリ−突破。
アンダ−からレイバック気味に体を上げ、中間部で左カンテで耐え、右のガバをデッドで取れれば、後は豪快に。
いやあ、痛快ですなあ。

下部の垂壁は今後の宿題としておこう。


最終ピッチ 回収確認

凹角、スラブ、最後の小垂壁をいけば終了点。
ここからは空中懸垂。さかぼうが先行。

さかぼう下降後、回収確認するもなかなかロ−プが流れない。
よくある話だが、ロ−プの引っかかりやすい溝ができている。
下と上でああでもないこうでもないと様々な画策の末、パ−トナ−も降りてきた。
これら数々の画策の賜物で何とか重いザイルを引いて回収できた。
ここで回収できないとなると、登り返しは出来ないので、ホッと一安心。
シ−ズン初めで踏み跡もつたない笹原を南稜終了点まで。

なんだかんだで好条件の一の倉を貸切。
すかさず、パ−トナ−は「ここの貸切代金は、自分が払っておきましたので」とのたまう。
ひとしきり、軽口をたたきあい、笑いとともに緊張が解かれていく。

なんとも愉快な、痛快な一日はあっという間に過ぎてしまう。
このすばらしい今日という日は、この広い世界中にふたつとない。
喜びは笑いとともに。