何処に行こうか?


どこに行こうか
さあ、どこに行こうか。人それぞれに目的と楽しみがあるはずです。
標高、写真、植物、展望、静かな山、賑やかな山、などなど。
初めの頃は、とにかく高い所に憧れたりしましたが、 今は山の楽しみ方を基準にその時、行きたくなった山に行きます。
ガイドで見てこんな稜線歩いてみたいとか、 書籍で読んだこのル−トに行きたいとか、 一の倉や槍のように一度この目で見たいなど。 また一歩進んで、雪山や岩登り、沢に挑戦してみたいなんてコトも徐々にあることでしょう。
何処に行こうか?私は私自身の本能で決めます。
頭の中をその山への想いで一杯にして事前準備と情報収集をします。
そうする事で山に愛着が湧いてきたり、山行自体楽しみで待ち遠しくなるのです。
せっかく行くのですから、山行当日だけでなくそのプロセスも楽しみたいものです。


山行のテ−マ

どこに行きたくなったか決まったら、山行のテ−マを決めます。
テ−マがある事で山行の楽しみが倍になります。
星空、岩に親しむ、自己最高標高、展望、植物、小屋への宿泊などなど様々ある筈です。
自分なりの楽しみはもちろんトレ−ニングを設定しておくのも面白いでしょう。
低山にツエルトもって仮想ビバ−クしたり、夜間歩行をしてみたり、岩登り要素の強い山に行ったり。
自分が楽しい事は何か?を充分に考えて 自分なりの楽しく学べる山行を考えてみましょう。
天候に左右されることも考慮し、雨でも楽しめる要素などもあれば最高の山行になるはずです。


本屋さんから始まる山行

行きたい山は決まりましたか?
それでは、まず本屋さんを覗いてみましょう。
書店には山の地図やガイドが販売されていると思います。 昭文社や山と渓谷社、ゼンリンから刊行されています。
そこで行きたい山の情報収集です。
地図は個人的好みで必ずひとつ購入してください。
ガイドブックは、立ち読みでもかまいません。 それでも初心の方などは一番詳しい一冊があれば心強いので購入しましょう。
総じて値が張りますが地図を持たずに迷って遭難することを考えれば安いものです。
また、各種出版社から刊行されていない山に行かれるときには 国土地理院発行の1/25000地形図を用意しましょう。
これは大型書店や地図専門店、登山ショップなど販売網は多くありません。 最寄の登山ショップなどに電話で問い合わせてみてください。 入手先などを紹介してくれるかもしれません。

行きたい山が決まって、地図やガイドブックが揃ったら ル−トを検討します
山の地図にはル−トタイムが記入されています。
一般的にそのぐらいかかるであろうという目安の時間です。 ですから、ゆっくり歩きたい方はそれより余裕をもって考えてください モチロンそれより速く歩いたからといって良いことはありません。価値観の違いがあるだけです。
ちなみに休憩時間は含まれておりませんので、ご注意ください。 私は一時間に対して+10分の休憩とランチタイムを加算してタイム計算をしています。
これで行こうとする山にどのくらいの時間がかかるのか分かってきましたね。
8時間ぐらいのタイムであれば日帰りができることでしょう。

もし宿泊が必要な場合はどういう計画なるでしょうか?
山ではできれば3時には行動終了したいもの。
初日の予定は、3時までの行動予定を組んでみましょう。
二日目からは5〜8時間の行程を設定するようにします。
すると小屋の場所や幕営指定地によって何泊を要するのかが見えてきます。
日帰りにしろ宿泊にしろ行動終了予定時刻の逆算により登山口からの出発時刻 が分かるはずです。

山の日程が決まったら、今度は登山口までの 交通手段をチェックです。電車やバスなら時刻表で確認してください。
登山口に何時に着かなくてはならないのか?が前提です。 場合によっては前夜宿泊になるかもしれません。
車なら、駐車場のチェックは必ずしてください。 アルプスなどの人気スポットならば早めの到着、できれば前夜車中泊が良いでしょう。
当日の朝、少しでも遅れるといくら大きな駐車場といえど隙がない時だってあります。
また、交通規制情報など最新の情報を地元役所の観光課などに問い合わせておきましょう。 地図では書いていなくても今年から通行禁止になりましたなんてことはめずらしいことではありません。

さあ骨組みは出来上がりましたか。
とは言っても予定は未定。各種のトラブル があった場合も踏まえて、余裕を持った予定と、 エスケ−プル−ト(逃げ道)も設定しておきましょう。
余裕がないばかりに、気が焦りつまらない 山行になってしまっては、元も子もありません。


装備と食糧計画

行動予定が決まったら、何を持っていくか考えます。
まずどのような行程なのかを考てみましょう。
日帰りか複数日程か、泊りはテントか小屋か、食事は何食分必要か考えてみましょう。
それによって、基本装備+食料+宿泊装備+アルファというように付け加えていきます。
自分なりに山行を重ね洗練されていくはずです。
それがなんだか嬉しくもあり楽しくもあるのです。

独学の私は、何を持っていけばよいのかわからず、あれもこれもと、 かなり無駄なものを持っていったものです。(・・・遠い目)
アウトドアナイフ(かなりごつい物)やオ−トキャンプ用コッヘル一式、 虫除け蚊取りなどなど。
今となっては恥ずかしい限りですが ナイフはミニミニタイプで充分だし コッヘルは一人に鍋ひとつあればOK。 そのまま食器にもなります。高山には蚊なんていないですし、 低山で蚊がいても我慢、我慢です。(笑)
始めは何かと不安になるので誰しもそうなのかもしれませんが、 「使うかも」は使わずじまいが多いです。 ガイドブックを参照した上で併用できる物は省略し、 また経験を重ねる事で省く事の できるものも出てくる事でしょう。
とにかく経験を積むことと併用する アイデアが軽量化のキ−ワ−ドです。

食料についてもテ−マは軽量化です。
山で言う食料は体のエネルギ− に他なりません。したがって、高カロリ−の物がよいでしょう。
しかし高カロリ−とはいえ、重過ぎては辛さが残ります。
実際初めてテント3泊単独山行したときは食料がかなりずっしりで辛いばかりでした。

それでは軽量化とはどういうことでしょうか? 私はいわゆるフリ−ズドライ食品を愛用しています。 メニュ−は別に記しますが、インスタントラ−メンを想像していただければOKです。
軽くて、作るのが簡単、しかも美味しい。それが理想です。

山まで行ってラ−メンか、と思われそうですが、 フリ−ズドライにもかなり種類があって、登山用品店に行くと迷っちゃうくらいです。
登山用品店だと値段がけっこうするので、いつも 近所のス−パ−で使えそうなものを物色するのも楽しいことのひとつです。
メニュ−だって、アイデアで色んな組み合わせが可能です。
普段のこんな事も山の一環。山に行かずとも山の楽しみ。
もっとも日帰りハイキングなら、おべんとうがよいでしょう。 豪華さはラ−メンなどとは比較になりません。


山行計画書ってなんだ?

山行計画書って聞いたことありませんか?
山に行くと街に比べ消息がはっきりしないですよね。
そのためにいつ、どこを通って、どういう装備で、誰と行くのかという書面が「山行計画書」です。

これを2通作成し、留守番の家族などに預け、もう一通は登山口の登山者カ−ド入れに入れます。 そうすれば何かのトラブルでまったく連絡が取れなくても、予定に帰ってこない時には 家族が地元警察に連絡し、救助隊が出動するという体制が作れます。
計画書がないと、行った山は分かっていても登山道は沢山あるため に捜索範囲が絞れず、救助が遅れるわけです。
レポ−ト用紙に走り書きでもいいと思います。身を守るためにぜひ習慣づけてください


転ばぬ先の現地情報

さあ、日程、コ−ス、装備、食事、計画書、準備が整ったら次は現地情報です。
現地情報とはバスの時刻や、駐車場、外来温泉、それらの料金、現状の登山道情報、など時によって 変わる情報です。
これらは現地の交通会社や市町村役場に問い合わせましょう。
営業小屋に問い合わせるのもいいでしょう。
しかし、教えてもらう立場のマナ−として、知りたい事を簡潔に聞く準備と感謝の心は持っていたいですね。
これを怠ったために車で行ったときガイドでは入れる林道が今シ−ズン から進入禁止になっており延々10数キロ林道歩き になったり、数日前の雨で林道が土砂崩れ通行 止めで山どころではなくなってしまったりします。
せっかくの山行。楽しく行くために数日前に要確認を。

蛇足ですが、「私でも行けますか?」とか「どのくらい時間がかかりますか?」 という電話が最近山小屋に掛かってくるそうです。
行くかどうかは自分で判断。
途中でだめと思ったら引き返せば良い事です。 時間はあらかじめ自分で調べられることです。
現地に質問をする前に今一度考えて見ましょう。


若返る!山行前夜

さあ、明日は山行です。子供の頃の遠足を思い出すようですね。
出発前夜はできるだけ睡眠をとりましょう
いくら知識や体力があったって、寝不足では活かせません
マイカ−派の私は、寝不足で歩き始めたために途中で一休みと岩に腰掛けたが最後、 そこで居眠り・・・。
一時間後、後から来た登山者に起こされるまでロダンの考える人状態だったことがあります。
その時は起きてからも、シャキッとせずに、遅れた事と寝不足でバテバテ。 予定の半分しか歩けませんでした。
ともかく、山に行くと知識や体力以前に当日の体調が鍵を握っています。
山行前夜、いくら気がはやり、眠れなくても横になって目を閉じるだけで雲泥の差が出ます。


”自分で創る=楽しい”のです

山に行くためにガイドの本を手に取る。
するとすばらしい山の世界が広がって、手招いています。
そして、まだ見ぬ山や空、水に空気、それらへの期待を抑えながらたてる計画。 それは山登りの大切なプロセス
計画は他人まかせの方がいれば、それはもったいない事。 知らないなら知らないなりに、計画段階から、参加させてもらってください。
これで山の楽しみがひとつ増える事請け合いです。
自分で考え、想像し、判断し、山行を創っていく事こそ山に親しむ一番の近道だと思います。

市町村役場や山小屋、交通会社への連絡先は各ガイドブックか 月刊山と渓谷1月号付録、「山の便利帳」に載っています。