第71回公演
「そして大地に花が咲く−尾瀬・景鶴山〜至仏山−」
2008年5月中旬 
 (群馬県) 
残雪を利しての尾瀬周遊・景鶴山〜大白沢山〜至仏山。普段はヤブに覆われた大白沢山からススケ峰は尾瀬の喧騒とは無縁の 静かな早春を楽しめる。


尾瀬ヶ原から至仏山 時代

新しい時代だそうだ。
着々とススんでいるのだそうだ。
乗り遅れるとイタイんだそうだ。
きみたちも気をつけたほうが良いのだそうだ。
よくもまあ、次々と新しい時代がやってくるものだ。日々是々。

鳩待峠。
駐車料金には驚かされるが、復活の山にケチケチしてはいられないのである。

久しぶりの残雪山行。
諸々の状況で、直前まで中止かどうか悩んだが、今となっては、来てよかったと思える。
時代は変わっても、気分転換は必要であると言うことだ。
鳩待峠から山ノ鼻、尾瀬ケ原から目指す景鶴、至仏を仰ぎながらいくらか気分的に楽になっていくのがわかった。

景鶴山 景鶴

ヨッピ橋から残雪を拾って適当な尾根に取り付く。
この辺りの適当さはこの季節ならでは。道読みも楽しめるところだ。
上部で熊の足跡が多数。近くにいるのは間違いない。
熊よけに適当な流行歌など口ずさむ。

♪〜
風に吹かれて。ときに空を見上げて。

東電小屋からのトレ−スと合流すればあとわずか。
景鶴山頂は岩峰。尾瀬の山々はモチロン、平が岳に会津駒、丸山岳・・・。実に眺めがいい。




大白沢山の雪原 らしさ

景鶴からは大白沢山へと向かう。景鶴の岩峰群とヤブはナカナカ。お助けロ−プがあればよかった。
肩まで降りて、今度はなだらかな森。コンパス歩行。体はモチロン、ときに頭も使うのである。

残雪を気分良く踏む。天気も上々。快適、カイテキ。
大白沢山は山頂に草原。深山の風格を感じさせる雰囲気を持っている。
このテの山には目がないのである。
願わくば、秋にチャレンジしてみたいものである。

続くススケ峰でガスが出てきた。
少し早めではあったものの、ここで幕とする。
準備が整ったら、明るいうちから冷たいイッパイ。
くぅ〜っ!!!。
そんでもって昼寝。うひゃあ。こりゃタマランわい。

生き返る場面。らしさを取り戻すには、こんな時間が必要だ。

至仏山 消耗

さすがに18時就寝の夜は長かった。
とはいえ、しっかり5時まで。11時間の冬眠。
生憎、ガスは晴れない。仕方ないのでまたもやコンパス歩行。
幾分高度を下げると目指す至仏が見えてきた。
いやあ、この高度差はこたえるなあ。

最低のコルからは地道な登行。それでも残雪が繋がっている所までは良い。
とうとう、ヤブに突入。
這い松に石楠花、その他諸々の植生に空中戦の連続。ヤブW級。2時間。ほとほとここで消耗した。

上部に出れば、なんとか残雪を拾いながら岩稜を行く。
最後は尾瀬側を回りこんで至仏山。百名山ゲットだぜ!

早春

特に感慨もなく、展望もないのですぐに下山。
今までの行程を噛み締めながら、またこれからを考えながらダルダルと鳩待峠。
ちょっとした感情の漣に気分次第の山行。結構効きますよ。
(使用上の注意は必ずお読みください)

新しい時代にも、陽は昇り、空は蒼く、水は滾々と流れる。
そして大地に花が咲く。

何も特別なことなどない。
ただ、我々のほうが振り回されているだけなのだ。