山ヤへの道


筑波山とさかぼう

私、生まれも育ちも茨城県南部。子供の頃から筑波山を仰ぎ見て育ちました。 山といえば筑波山。コト在る毎に何度となく登ったものです。

人口密度の低い所へ
秋田市に修学の4年間。
その頃から、「人口密度の低い所」を 本能が無性に求め、林道探索で心を充たしておりました。 ですが、当然のようにその欲求は更なる「人口密度の低さ」 を求めていきました。 そして思いついた所が、秋田市からよく見える太平山。 四季折々の表情を見せてくれる山容に 興味が湧いてきました。
しかし、その頃の私は、登山経験といえば筑波山だけ。 装備も知識もなぁ−んにも知りません。 もちろん 失敗の連続でした。

まず、「何処から登るのか?」それが問題でした。
登山口を探すのにひと苦労。大体、 山の地図やガイドブックがある事を知らないのですから、 ロ−ドマップで調べちゃったりするわけです。(笑)
で、偵察に自転車転がして10キロ程の道のりを何度も通って、 入れそうな登山道を発見。ようやく入り口に立ったものの、 装備どころか服装だってジ−ンズにスニ−カ−。 デイパックと御弁当、水筒は持ったもののそれ以外は地図すらないのですから 今思うと、目も当てられません。(むしろ新鮮というべきか?)

何度も道に迷いそうになる。 平地と同じように歩くものだからバテる。
幸運にも山頂までたどり着くも、散々な結果に「もういきたくない宣言」。
しかし、生来の血がそうさせるのか、 装備などほとんど変わりはありませんでしたが、 その後太平山には2度登りました。


無知、無謀そして・・・

そして数年後のある夏、林道探索の旅を企て 最後に福島県の田代山−帝釈山登山をして締めくくる事にしました。 (実力がないのに高さに 憧れたものです)

このときは、太平山での反省をふまえ、意気込んで準備しました。
まず、地図と懐中式コンパス、ポンチョ、ハイカットシュ−ズ、 ガスコンロ、乾燥食など、いくらかの進歩はしたわけです。 反面、「格好」から入る性質なのか、 ポケットのたくさんついたベストやごついアウトドアナイフなど、 今思うと恥ずかしいほど自分のイメ−ジで創った 「登山者」を一生懸命真似たものでした。

そして当日、雨ザ−ザ−風びゅ−びゅ−。・・・・・。
よせばいいものを登山決行。
ポンチョで風雨を防げるわけもなく 全身はもとより、ザックの中までビショ濡れ。
格好ほどには技術革新が進んでおらず、15分に一度、天を仰ぐ始末。
それでも強引に田代山−帝釈山まで往復したのは根性か?
もっとも今思うと「危なかった」というよりも「懐かしい思い出」です。(笑)
モチロン、真似しないでくださいね。
ボロ雑巾のような姿で下山。 麓の湯の花温泉に入ったときは、「ああ生きてるなあ」と思ったものです

しかし凝りもせず、今度は嫁さんを連れて再挑戦する事にしました。
なにしろ自分一人であの始末。素人が素人を連れて行くのはかなり危険な事。 今回は以前に比べて「山登り手帳」「やさしい山歩き」などの 入門書を徹底して読みました。

結果、今まで知らなかった歩き方、防水、パッキング、などの基本を習得。
準備と計画そして実践。
不思議と疲れもせず無難に山頂へ着きました。 そしてそこで目にしたものが 初めて山にハマった一瞬でした。

標高1900mにある湿原一面にワタスゲの群生。はるか遠くに見える山々。

ここが以前来たところなのか? まるで別世界のようであった。
山小屋泊りの夜、静かすぎる暗闇は逆に人の神経を研ぎ澄まし、 大地と対話している錯覚さえ感じる。
「山登り、なんとすばらしいものか!!」
意気揚々と下山。 思い出の湯の花温泉でまたもや温まるのでした。

はじめにつまづかないために

山が好きになるも嫌いになるもあなた次第。
なにはともあれ最初の山行の善し悪しが分かれ目です。

私のようにはじめにつまづかないように事前学習をお勧めします。
肩を張らずに初心者向けの 本を掻い摘んで読むだけでも違うはずです。

私もそんな紆余曲折を経てようやく登山者のスタ−ト地点に立ち、 本来の登山の楽しみを知ったのでした。
それからというものいろいろな山のテキスト、ガイドで 勉強(山岳資料室参照)と実践を重ね 現在に至ります。
思えばいろんな事がありました。