マイカ−登山のススメ

こちらはマイカ−登山を応援するコ−ナ−です。
電車やバスも良いですが、マイカ−だって捨てたものではございません。 アプロ−チの休憩場所情報やマイカ−利用術、車中泊のノウハウなど紹介しております。
もちろん、みなさまのとっておき情報、必殺技、お待ちしています。

マイカ−登山のススメ
快適パ−キング倶楽部
マイカ−利用術「達人に聞け!」
寄って憩える
山は雨でも
いまや常識、車でお風呂!
美味しい水が・・・
まさにオアシス
こんなところに!
林道でのトラブル
車を考える
車中泊の基本
開門時間前!
マイカ−ビバ−ク
快適グッズ
寝過ごすな!
あなたの情報を募集中

★☆★快適パ−キング倶楽部★☆★

寄って憩える

中央高速:談合坂S.Aオススメ内容:充実+楽しい+お土産レポ−ト:さかぼう
談合坂にある施設、その名も「ハロ−スクウェア」充実の土産コ−ナ−はもちろん、神戸屋ベ−カリ−、中華、海鮮、漬物、惣菜、果てはグリコのお店!寄って憩える楽しいスポットだ

山は雨でも

道の駅:水紀行館<水上>オススメ内容:美味しい+楽しいレポ−ト:さかぼう
関越:水上ICから谷川岳へ向かう途中にある道の駅。お土産、レストランは良くある話だけど、ココにはクライミングウォ−ルがある。500円/2時間。インストラクタ−が駐在の日には初めての方も気軽にトライできます。谷川岳が雨でもここで良い汗かけます。

いまや常識、車でお風呂!

東名高速:足柄S.Aオススメ内容:さっぱり+のんびりレポ−ト:さかぼう
高速S.Aにある入浴施設。あしがら湯はその先駈け。24時間営業(10:00〜12:00は清掃中の為利用不可)大人(12歳〜)600円、子供(6歳以上)300円、6歳未満無料(利用時間2時間まで)リラクゼ−ションル−ム有り。トラックの運ちゃんと仲良くなれます。

美味しい水が・・・

関越高速:谷川岳P.Aオススメ内容:美味しい+お土産レポ−ト:さかぼう
関越トンネル工事中湧き出た泉らしい。JR東日本の自販機飲料にも使われている。全て無料。大量のポリタンクを持参の方もあるほどの人気ぶり。

まさにオアシス

上信越高速:
ハイウェイオアシス藤岡
オススメ内容:充実+楽しい+お土産レポ−ト:さかぼう
コンビニ、観光物産館、有り。飲食店街は充実の13店舗。はたまた観覧車まであり夕方からはマルチビジョンで映画上映などもある。一般道からも入場が出来る(駐車場は別々)。

高速アミュ−ズメント

上信越高速:佐久平P.Aオススメ内容:充実+楽しい+珍しいレポ−ト:さかぼう
エスカレ−タ−を登るとそこは平尾山公園(キッズランド入場500円)。遊具が充実。冬はなんと南パラダスキ−ガ−デンに変身。

▲▽▲マイカ−利用術「達人に聞け!」▲▽▲

林道でのトラブル

達人:pax2001備えあれば
私はマイカー登山で車中泊することが多く、車内はいろいろと工夫していますが、内部を遮蔽できるカーテンはあると 便利な備品だと思います。カーテンは睡眠時だけでなく、車上荒らしの防犯という視点からも少しは効果があるのではないかと 思います。つまり中に人がいるかいないかわからないと、わざわざリスクのある、そんなクルマのカギを開けようとはしないと 思われ、さらにはラジオを鳴らしっぱなしにしておけば完璧です。一番の工夫といえば、後の両方の窓に自作した網戸がついて いることです。夏場、窓をしめたままではとても快眠することはできません。暑い夜でも窓を開ければ虫などを気にすることも なく涼しいことも多く、これは絶対にお勧めです。ただし道の駅では隣のクルマのアイドリングで排気ガスが入ってくるので、 そういう心配のない場所を確保することが大切ですが。本来、クルマのメーカーがオプションで網戸を用意してほしいところで すが、今のところ自作するしかないようです。また携帯が通じない登山口などでトラブルに見回れないために、予備の新しい バッテリーや折り畳み式のスコップ、ノコ、バールなどあらゆる予想外の事態に備えています。これらは現実に発生したさま ざまなトラブルの経験から、同じ目にあったときに困らないようにと備えたものです。意外とあるんですよね。林道奥でのト ラブルって

車を考える

達人:錆鉄人山へ行くなら軽ワンボックス
登山やマラソンへの参加で年間10回程車中泊(遠い所は広河原や袋井メロンマラソン等)をしています。もっぱらステップワゴンをフルフラットにした上に敷布団を敷いて、掛け布団、毛布、寝袋などで寝ます。駐車中は絶対エンジンをかけませんので、真冬には湯たんぽを用意します。なければ1.5リットルのペットボトル数本にお湯を入れタオルなどでくるんでおいても結構朝まで利用出来ます。ステップワゴンはフルフラット度では市販車中では最高に近いと思われますが、座布団などで修正しても朝腰が痛い事があります。 妻は軽のワンボックスを日常の足に使っていましたので、これを車中泊用に使った所、後ろの席を折り畳めば幅1.3メートル長さ1.85メートルの全く平な床が出来るので、寝心地は最高です。 去年から高速で100キロで走っても良い事になった上、高速料金は安く、途中の狭い山道でのすれ違いも楽で、駐車場でも普通車では止められない狭いスペースにもぐり込める・・・山登りには最高の道具だと思います。(しかも、税金や保険も安いし、一般的に燃費も良い) しかし、昨年12月娘がこの車に乗って全損の衝突事故(奇跡的にかすり傷)をした為、妻の車は農作業用の軽トラックとなってしまった。次回ステップワゴンの買い換えには絶対ターボの軽ワゴン車に代えるつもりです。

車中泊の基本

達人:さかぼう車中泊するならトイレを極めよ!
車中泊の基本条件はと問われれば、それはトイレと答えるでしょう。朝や出発前、体の支度はもちろん、洗面、個室なら着替えや濡れタオル浴まで人目を気にせず出来ます。しかし、くれぐれも汲み取り式にはご注意を。

開門時間前!

達人:さかぼう駐車場、ゲ−ト締まれば単なる空き地
駐車場も色々です。ここで注意したいのは、ドライブインや民間モノだと開門と閉門があること。せっかく早朝に行った所で開門前じゃ早立ちも出来やしない。スケジュ−ルもガタガタ。事前要チェックですぞ。

マイカ−ビバ−ク

達人:さかぼう運転は運転席。休憩は休憩席
運転は運転席。寝る時は助手席に引越し。運転席はハンドルやらアクセルやら邪魔物ばっかり。それに比べて助手席は広々。少しでも快適な空間を確保しましょう。

快適グッズ

達人:さかぼう用意周到さは経験の差
ウォ−ムアップシ−ツ(薄手の寝袋)は夏に最適。冬はやっぱりシュラフ。バスタオルは濡れた時はもちろん、掛布団や枕にもなる優れモノ。外の明かりが気になるひとはアイマスクか銀マットでフロントガラスをカバ−。

寝過ごすな!

達人:さかぼうベットでも車の中でも寝坊は寝坊!
前夜発、駐車場仮眠の山行でも寝坊は寝坊、二度寝は二度寝。計画に甚大な被害が・・・。目覚し時計や腕時計のアラ−ムをかけましょう。そして努力をしましょう。無意識に目覚ましを消さないように。