第78回公演
「ゆけゆけ!ぼくら故郷探検隊C−花園山・七つ滝遡行−」
2008年9月上旬  
(茨城県)  
花園神社からさらに奥山へ程なく進むと七ツ滝。滝幅は狭いが、高さは約60m、その名の通り一ノ滝から七ノ滝まで7段落下している。 とくに三ノ滝が最も壮観で、岩をうがった滝壺には「鮑」が生息している、という伝説も・・・。


最下段を行く 発動

北茨城・花園山の山麓、七ツ滝。久々の「ふるさと探検隊」発動だ。
七ツ滝は花園山の入口、花園神社から奥山へ程なく進む。
滝幅は狭いが、高さは約60m、その名の通り一ノ滝から七ノ滝まで7段落下している。
とくに三ノ滝が最も壮観で、岩をうがった滝壺には「鮑」が生息している、という伝説も・・・。

そもそも、遅めの夏休み山行、唐沢岳幕岩になるはずだったのだが、ここのところの不安定な天候によって計画変更。
残念といえば残念なんだけど、ここ半月ほど仕事が立て込んでいてお疲れモ−ドのさかぼうには、かえって良かったのだろう。

気を取り直して、七つ滝。
元来、そう登られている滝ではないらしい。
さて、真価のほどは・・・。

2段目の滝 動員

アプロ−チはほとんどなし。
駐車スペ−スから10分ぐらい。
七つ滝が豪快に流れ落ちる。

2段目からアンザイレン。フォロ−。
このたびのパ−トナ−、Mさんは右岸をいく。意外と手こずっている。アブミ動員。
うむむ。
当初、かなりお気楽に構えていたさかぼうもいってみると、スタンスがつるつるで安心できない。
しかも支点がぼろぼろ。まるでクラッカ−のように触ればポロポロと粉々になる有様。
最初っから、してやられた感。



3段目 合点

2ピッチ。リ−ド
右岸のハング下クラックも行けそうだが、相変わらず、足場がツルツルなので、沢屋ならここだろうと、右岸小チムニ−から小さく巻く。
一旦水流に戻ってから左岸に移り、次の滝も小さく巻く。何だかすっきりしないが・・・。
と、上部で左岸水流沿いに支点発見。

ここまで来て、合点する。
七ツ滝ル−トは「沢登」ではなく、あくまで「シャワ−クライミング」なのだということに!
とはいえ、この曇天にシャワ−は勘弁。

一番大きな滝も左岸に支点があるものの、右岸を行く。
最後の2段は水線をいく。なかなかカイテキだ。

3段目を行く オマケ

残念ながら、核心らしい核心をル−トミスしてしまったが、それはそれで次回のお楽しみ。
今度は暑い盛りに来てみたい。
そうして今度こそシャワ−クライミングですぞ。
天妃山

それから、その帰りの、オ・マ・ケ。
茨城の低山「天妃山」21m。
海の眺めがヨカッタヨ−。