第3回公演
<前編>
「あぁ、あれがジャンダルム・・・?
−西穂高〜奥穂高岳縦走−」
99年7月下旬
(岐阜県・長野県)
高度感あふれる岩稜の本コ−スは”アルピニスト憧れの縦走路”といわれ、経験・技術・体力、全てが問われる。

★本コ−スは熟達者向けの危険の伴うル−トです。尚、当公開作品は個人的報告であり”ガイド”ではありませんので、ご了承ください。


◆コ−スと時間

第1日
新穂高温泉(7:30)−<新穂高ロ−プウェイ>−西穂高口(9:30)−西穂山荘(10:40)
第2日
西穂山荘(4:55)−独標(5:55)−西穂高岳(6:55)−間ノ岳(8:15)−天狗岳(9:20)
−ジャンダルム(11:30)−奥穂高岳(12:50)−穂高山荘(13:35)



千石園地から観る槍−穂高の嶺峰 夏山シ−ズン到来!梅雨も明けて すばらしい景色を期待しながら新穂高バスタ−ミナルに降り立つ。

登山計画書を提出し、新穂高ロ−プウェイ乗り場に急ぐ。
さすが観光地。ずらり行列が並んでいる。20分待ちで第一ロ−プウェイ、15分待ちで第二ロ−プウェイに乗る。 このロ−プウェイ。第一はすごい傾斜、第二はすごいスピ−ドで登っていく。鉄塔通過するたびにユラユラゆれる(乗客大歓声!)

ロ−プウェイの終点は「千石平園地」になっており、すばらしい景色の中散策を楽しめる。



樹林と笹の登山道
展望を一通りカメラに納めたら、 背丈ほどのササ原を登山道へと入る。


何にしろ今日は西穂山荘までの行程だ。

意識しながら、思いきりゆ−っくりと みずみずしい樹林の道を歩く。





賑わう西穂山荘
1時間ほどで山荘が見えてきた。

ちょうど森林限界に立っている為、焼岳、上高地、笠が岳など 景色が良く嬉しい。

早速テン場の受付を済ませ、設営。受付の際に聞いたのだが、このあたりで クマの目撃情報が多いようである。今の所、被害はないが気をつけるよういわれた。


さて、後は気ままに過ごそうか。


賑わう山荘の片隅で本を読んだり、植物の写真を撮ったり、 独標手前のピ−クまで行ってみたり。

一気に高度を上げた影響でちょっと頭痛がしたけれど、日没の頃には治まった。

お花畑から西穂を望む
風がテントをたたいている。

ネボケ眼で外を見る。月明かりが眩しいくらいだ。
時間は2:30。出発予定が 4:00だからもう一眠りだ。


と気がつくともう4:20。慌てて朝食を摂りながらの 撤収。結局55分の遅れ。

しかし山道では慌てないよう言い聞かせながらいつものようにゆ−っくりと 歩き始める。
独標山頂から笠が岳




1時間ほどで独標に到着

今日も好天かなと思いきや、西穂高岳より北は ガスがかかり始める。





ガスの出始めた西穂山頂
独標から1時間ほどで、西穂高岳に着く。

先ほどのガスは確実に近づいてきている。

山頂ではガスにたたられてしまった。

う−ん残念。ここで一休み。

さてこれから先が難所続きの稜線だ。

ここで帰るパ−ティ、先に進むパ−ティちょうど 3組ずつ。帰る方々に見送られながら、先に進む。


間の岳手前のガレ場を通る
ちょっと進むと向こうから誰かやってくる。 ???。

話を聞くと昨日、間ノ岳手前でビバ−クの末引き返してきたとの事。

元気で何よりだったが、それ以上に自分自身にその出来事を投影してしまう。

ここで更に気を引き締めさらに先へと進む。







間の岳山頂
間ノ岳へは西穂高岳から1時間20分かかった。

話で聞いてはいたが、山頂前後がかなりの悪場

浮き石が多く、かなり 気を遣いながら一歩一歩どうにかたどり着いた。

さらにル−トが不明瞭な事、またル−トを少しでも外そうものなら 「蟻地獄」ならぬ「浮き石地獄」

要注意区間である。


間の岳から見た逆層スラブ状岩壁
さあ、ガイドブックに必ず出てくる 「逆層スラブ状岩壁」が目前に迫る。
逆層スラブ状岩壁を見上げる

確かに辛そうな岩壁であるが、クサリもあるので見た目以上に辛くない。

そこを登り切れば天狗岳山頂だ。








天狗岳山頂
天狗岳の前後で奥穂からの登山者と 擦れ違う事となる。

ちょうど中間点になるようだ。

しかし天狗岳を過ぎてから、しばらく岩壁と格闘するもその頂が見えてこない。

この頃から、常に3点確保を意識しながらの急登の為、下半身はともかく、 上半身が疲れてきた。

独標から強くなってきた風の影響もあるのだろう。
ジャンダルムと思っていたロバの耳 ようやく空が広くなり、頂に近い事を知ったのは天狗岳から2時間後の事だった。

平らな岩の頂に立つとガスの向こうに峻立する岩峰が・・・・・2つ。


瞬間、ガスが晴れる。この手前のピ−クが、ジャンダルムなのである。

しかし、致命的失敗!!!

「ジャンダルム」を「コブの頭」、「ロバの耳」を「ジャンダルム」と、とり違えて、 ジャンダルムの写真撮らずに来てしまった!!!(我ながら情けない・・・)






ウマノセ上部の稜線 そうとも知らず「ジャンダルム」「ロバの耳」を慎重に慎重に通過、 奥穂高岳直下「ウマノセ」にしがみつく。

ほんとに切れそうなナイフエッジ を最後のひと踏ん張りで登るとそこが奥穂高岳山頂奥穂高岳山頂はもうそこだ








祠の石垣、「テレビで見るより小さいな」などと思いつつ記念撮影。

しっかりした踏み後の登山道を下ると穂高岳山荘。



西穂高岳で知り合った方が10分ほど後に到着。お互い顔を見合わせ笑みがこぼれる
帯同したことで、気持ちが通じているのだ。

そして”熱い握手”。嬉しさがこみ上げてくる一瞬だ。

こんな人と人の心の交差点。これがある限り”山”は止められない。