第29回公演
「来たるべき瞬間のために
−奥秩父・鶏冠谷右俣/ヌク沢−」
2002年6月中旬
(山梨県)
奥秩父の魅力を「深林と渓谷の美しさにある」とした田部重治氏。清流に磨かれた美しい造形のナメに先人を魅了した理由の一端を知る。 笛吹川・東沢流域は当時の美しさを今なお残す美渓である。


◆コ−スと時間

第1日
西沢渓谷駐車場(7:15)−鶏冠谷出合(8:15)−逆くの字滝(9:45)−二俣(10:45)
−大滝手前(13:20)−戸渡尾根(14:15)−近丸新道登山口(16:15)

第2日
ヌク沢橋(6:20)−近丸新道横断点(7:40)−二俣(8:55)−大滝(9:45〜11:35)
−終了点(12:15)−西沢渓谷駐車場(15:45)


鶏冠谷出合 鶏冠谷
そう、出合は突然にして明確であった
これでは間違いようがない
ここが鶏冠谷出合である

はたして出逢いも突然ではあった
この世界に身を置いて、いつかはと考えていた
Heaven Site 安藤さんとの出逢いである

2週間ほど前だったか、この山行に私はエントリ−をした
興奮はサッカ−日本代表の活躍のためだけではない
山行前日は久方ぶりになかなか寝つけなかった
小さな淵の物語

ゴルジュを抜けると、適度に楽しめる小滝が続き 魚止めの滝(10m)は右から巻いた
快適、快調な沢登り

と、小さな淵に挑むさかぼう
側壁をヘつり気味に行こうとするものの、水中の岩角を見誤った
「スタンスがない!」
そこには胸まで浸かる淵が待っていた
さかぼうの大きな嬌声と胸に提げていたカメラの小さな悲鳴がこだました
淵からの脱出 スタンスを探す

物体と化したカメラをザックに仕舞い込み 「しゃあメェ、これが青春の代価だ」 などと、妻への言い訳を考えていると、 明るく美しい供え餅のような五段ナメ滝が現れた
危機一髪 危機一髪


さかぼうは行き詰まっていた
正直言ってオ−バ−ワ−ク、マズイなと感じ始めていた


5段ナメ滝の1段目を左から上がり右の落ち口にトラバ−スする
滑らかな岩肌にわずかな左足のスタンスとフリクションを利かせた右足、 2本の爪先でバランスを保っていた
次の一手が見つからない


山岳会で学んだ事が走馬灯のように浮かんだ
ここは思い切らないといけない場面
引けていた腰を壁に寄せ上体を反らすと視界は広がる
あと一歩あればテラスに届きそうであり、スタンスは遠く右下にある
めぼしい情報はそんなところだった
ここはランジ(飛びつき)かあのスタンスしかない

右足をすべらせ必死にスタンスへと伸ばす
あれ、ダメか?とバランスを失いかけた瞬間、右足に手応えがあった

逆くの字滝 逆くの字
興奮、そして反省も冷めやらず、核心の逆くの字滝(8X20m)が現れる

ここは、安藤さんがリ−ド
危なげなくスルスルとザイルを伸ばすその姿は頼もしい限りである
お互いコ−ルを瀑音にかき消され身振り手振りのやり取りながら上部の核心を 越えた所で小休止
やっぱり、これが本道。
安藤さんの「手前の5段の滝が我々の核心でしたね」との気遣いに頷きつつ、 自身が「核心にしてしまった」事を深く反省していた

終了点の大滝 宴モ−ド
二俣は25m滝の高巻き道が沢に挟まれた尾根づたい になっており、快適な沢から離れ、苦しい所だ
縦横無尽に踏まれた後があり道読みに難儀されつつ右俣へと下り返す

ナメと小滝が連続する楽しい流れは、本来後半のハイライトとも言うべき なのであろう。
しかし、さかぼうはもはや宴モ−ド(笑)
浮かれ半分、詰めでル−トロスト。
刻々と時は過ぎ、不安感の中にもモチベ−ションは高まっていた


今宵の宿 夜は更けて
ロウソクに火を灯す頃、 K.U.OUTDOOR SITEの現場監督さんが合流
ちょうど準備も整いつつあり、待ちきれずにまずは乾杯

それぞれが持ち寄ったご馳走の中にはHPで紹介していた山のメニュ−や 聞きしに勝る、純度の高い蒸留酒などが所狭しと並べらた
それは食べきれない、呑みきれないほどのボリュ−ムであった

お互い初めて出会った方々とは思えない気がして 改めて不思議な気持ちと嬉しい気持ちでいつもは無口(?)な さかぼうも饒舌になってしまう

生憎の激しい雨にも東屋でのビバ−クは快適そのものだった