第81回公演
「ROKKOR−丹沢・小川谷廊下−」
2009年6月上旬  
(神奈川県)  
西丹沢に小川谷あり。手頃な長さ、ゴルジュの楽しさを凝縮した滝の数々。程よく愉しめ、程よく充実。 アプロ−チと下山の容易さも相まって、小川谷の人気は不動のものとなっている。


小川谷のスタ−ト 記憶

古き良き時代というものが誰にでもあろう。
郷愁にも近い感性であろうか。

父親から古いカメラを譲り受けた。
実に私の生まれる前に世に出たシロモノらしい。
いわば骨董か。

古きアルバムでは、このカメラが活躍していたに違いない。
そういわれれば見覚えはある。
あれは、小川谷にも似た渓谷の橋上からだ。
このカメラのファインダ−を初めて覗いた記憶が蘇った。

久々の山行は丹沢・小川谷廊下。
今シ−ズンの沢初め。
なんとか、復活の狼煙となるといいのだが・・・。




小川谷のスタ−ト ROKKOR

さあ、ゴルジュの始まり。
体が鈍っているので、努めてビスタ−リペ−スで。
平日ということもあってか、前後にパ−ティ−はなく、十分ゆったり。
やはり、ゆったり気ままな沢旅はいい。

時に直登の滝場は登れる所は気分に任せてクライミング。
おおむね美しい水の流れ。この美しい流れが、一時の癒しだ。
滝場もいいが、これがまたいい。

ミノルタAL−2。1963年12月発売。
セレン光電池式、ROKKOR−PF(5群6枚)45mm、F1.8
いわゆる”明るいレンズ”。四角いボディ−が時代を感じさせる。


つるつるの大岩 重厚

流れを遮るのは”つるつるの大岩”
一見、傾斜もゆるく見えるものの、名の通りフリクションが効かず「ツルツル」だ。
最初の一歩が踏ん張りどころ。
突然「ツルっと」なんて考えずに無心で行く。

ファインダ−こそ曇りがちだが、レンズはくすんでいない。
絞りもシャッタ−速度もマニュアル。
シャッタ−スピ−ドが一部不安定なものの、シャッタ−自体死んでいない。
この重厚感、堅牢な造り。この時代のカメラには感心させられる。
現代のそれとは、アプロ−チがまったくもって別物だ。




石棚2段 20m 緊張感

石棚2段 20mは左の岩塔を行く。巻きだが、ちょっとしたクライミング。 落ち口には立派な確保支点があるので、登られているらしい。

最後の5mトイ状は、「深い釜で泳いで取り付くしかない」とあったので、 気合入れていたが、今ではすっかり埋まってしまったようで、ひざ下程度。 それでもクライミングは、ちょうどいい緊張感。

引き出しの奥にあったフィルムを装填してみる。カウンタ−を見ながらフィルムを巻く。
撮影距離、絞り、シャッタ−スピ−ドを決めて目盛りをあわせる。
シャッタ−を切る。「カシッ」と軽い音。

モデルは子供たち。
三世代目が被写体となった。

壊れた堰堤 代物

最後に壊れた堰堤を越えて終了。
廃墟の風情が時代を感じさせる。
時の流れの代償とでもいうのだろうか。

懐かしき時代がある。良き日の思い出がある。
世代の記憶と記録はここにあった。
そんな代物を、自分は残せるのだろうか。

「山は高きを以って・・・。」あなたにとって、この後に続く言葉は何であろうか?
志向、嗜好、思考。
最近、山へのアプロ−チが変わってきたようにも感じている。
今年の夏は、倅と沢歩きをしてみようと想い立つ。
自分が後に残せるものはそう多くはないはずだ。

第三章は始まったばかり。
あの写真はどんな風に写っているのだろうか。