さかぼうのお気に入り!

快心の山行、憧れの名山、思いがけずに楽しかった無名山。ここではそんな山々を厳選して個人的好みと独断で紹介しています。


★快適!山歩き★
紅葉と八海山 八海山(新潟県) <コ−ス:屏風道−山頂−新開道>
越後三山のひとつ八海山。扇形に広がった山容といかにも修険場的な岩稜が迫力の山である。ゴンドラを使えば気持ちの良い道をサクサクと、屏風道からは本格アルペン気分を堪能できる。 期待以上に楽しませてもらえる屏風道は四合目からが核心。爽快な尾根道とワイドに広がる山容は至上の歓びとなること請け合いである。
山行物語=「彩色の要塞、歓喜と苦境の狭間に。−八海山−」
表尾根 丹沢山(神奈川県) <コ−ス:表尾根−塔ノ岳−主稜線縦走>
憩いの山、丹沢。様々なル−トが、沢が、森が、そして人が集う。沢登りのメッカとしても有名。 縦横無尽に伸びるル−トの中でもヤビツ−三の塔−塔の岳−丹沢山−蛭が岳の表尾根+主稜線がオススメ。そこから西丹沢ル−トも歩いてみたい所。
田代山湿原のワタスゲ 田代山(福島県) <コ−ス:猿倉−山頂−猿倉>
山頂は湿原となっており、お花畑と気持ちの良い木道歩きが楽しめる。登山口から1.5時間で登れ、さらに1時間で帝釈山(2060m)にも足を伸ばせる。山頂には立派な避難小屋もあり、下山後は麓の湯の花温泉公共浴場(外来200円)で汗を流せる。 私が本格登山スタイルに突入するきっかけとなった山。とにかく山頂の湿原に出たときに広がる湿原とお花畑に感動。山の上にこんな世界(楽園?)があるとは知らなかった。
太平山山頂を望む 太平山(秋田県) <コ−ス:野田−山頂−旭又>
秋田市のシンボル的な山。登山道はいくつもあるが、野田のコ−スで約3時間ぐらいだったような。山頂は三吉神社奥院があり、秋田市、男鹿半島、秋田駒が岳など360度展望が楽しめる。 経験も知識も装備もなく、何も知らずにいった山。散々な山行で「もう絶対にいかない」と思ったが、「もういちど」と結局3度も登った。野田からのコ−スがお気に入りで、渓流の傍らを歩くのがとても気持ち良い。稜線では、弟子返りの岩場がスリル満点。

★知られざる無名山★
百戸沼 木地夜鷹山(福島県) <コ−ス:長谷川−山頂−百戸沼>
福島・新潟の県境、西会津の薮山。山頂へは明瞭な道はなく原生と渓流の山歩きを堪能できる。山麓には百戸沼を抱き一度に幾つもの楽しみがある。 季節はやはり薮の葉が落ちた秋が○。紅葉もキレイ。天気が良ければホンワカ気分の原生逍遥である。
山行物語=「想文・我、山、想う。−木地夜鷹山−」
青海に浮かぶ金華山 金華山(宮城県) <コ−ス:黄金山神社−尾根道−山頂>
宮城県・牡鹿半島の先端に浮かぶ孤島の山。アプロ−チは連絡船を利用。(900円/片道)港からは80分で山頂に。さらに島の周遊コ−スもある。一日あれば島一周もできる。野生のサル、シカが我物顔で歩く、自然豊かな好展望の山。 南三陸海岸の好展望は、思わず叫びたくなるほど美しかった。山に行くのに海を越えるのもなんだかワクワク。スナック菓子を放り投げれば、ウミネコが「ナイスキャッチ!」。案外踏まれていない山道を歩けば低山逍遥を満喫できる事でしょう。
山行物語=「海路断絶?青海に浮く孤島の山−金華山−」
鍋足山山頂 鍋足山(茨城県) <コ−ス:里美役場−山頂−猪鼻峠>
北茨城久慈山地の山。山頂は岩峰で、里美村役場から林道30分、山道30分。そこから奥へは、かなりの悪路(岩稜)、慎重に行動したい。猪鼻峠まで2時間。その低い標高とは思えない岩稜にヤブコギやル−ト読み、静かな山歩きを楽しめる。 ビバ−ク想定山行や夜間山行など、トレ−ニングしに行きました。山頂までは序章であり、それ以降がハイライト。あの断崖絶壁は特筆すべきものがあります。岩稜に生えるイワマツがかわいい。冬がおすすめ。
山行物語=「ゆけゆけ!ぼくら故郷探検隊B・近きにありて」
狭い生瀬富士山頂 生瀬富士(茨城県) <コ−ス:大生瀬地区−山頂−生瀬ノ滝>
関東の三大瀑布「袋田の滝」を見下ろす北茨城・久慈山地の山。ル−トはどれも判然としない。人里から1.5時間。集塊岩が山頂を形成しており緊張感を持ちつつ 山登りが楽しめる。帰りは大子温泉「森林の温泉」(平日700円、休日1000円)でゆったり。 「経験、体力、強引な気力で登る山」とあり、冒険心をくすぐられて行った山。ル−トは踏み後がなく急登続き。しかしそこは低山。楽しみつつ山頂へ。下山路、滝方面は景色が良い。上から見下ろす袋田の滝とその瀑音がすばらしい。
麓からの奥久慈男体山 奥久慈男体山(茨城県) <コ−ス:大円地−山頂−男体神社>
北茨城・奥久慈岩稜の岩山。大円地駐車場から健脚コ−スで1.5時間。 森あり岩あり鎖あり飽きる事なく歩ける。冬、山頂からは日光の山々、那須連山が望める。近くに入浴のみOKな温泉(湯沢温泉)がある。 眺めて良し、登って良し、眺望良し。三拍子そろった手ごろな山。麓の大円地地区の町並みがこれまたいい雰囲気。柿や大根を軒下につるした昔なつかしい風景は心を和ませてくれる。
麓からの伊予が岳 伊予が岳(千葉県) <コ−ス:平群天神社−山頂>
鋭い岩峰の山頂には鎖がはられている。平郡天神社から30分。さほど急登はなく、360度の大パノラマを楽しめる。 気軽に登れる天然展望台。夏でも山頂以外は樹木が日陰を作り、そう暑さは感じない。山頂も海風が心地よく、涼しいくらい。展望は三浦半島、東京湾、鋸山、富士山・・・ぐる−り360度パノラミックビュ−。冬には南アルプスも望めるそうな。

★憧れの名山★
穏やかな笹原 谷川岳(群馬県・新潟県) <コ−ス:西黒尾根−山頂−蓬峠>
「近くてよき山」谷川岳。ピ−クハント、縦走、登攀、沢登、雪山などなど、連峰にはフィ−ルドが無限である。しかし、「魔の山」としての存在も忘れてはならない。夏でも天気の急変、特に雷には注意が必要だ。 様々な道がある中でも西黒尾根−山頂−一ノ倉岳−蓬峠をオススメしたい。谷川岳というと一ノ倉沢などの岩壁が有名だが私は穏やかな笹山の風景がお気に入り。山頂の喧騒から一転、茂倉岳までの道程は静かな山歩きが楽しめる。
雪稜の先に現われた乳首 安達太良山(福島県) <コ−ス:スキ−場−くろがね小屋−山頂>
高村光太郎の「智恵子抄」で知られる名山。麓にはスキ−場がありゴンドラは季節を問わず利用できる。春夏秋冬、何時でも比較的気軽に楽しめ、何といっても温泉付の山小屋「くろがね小屋」の存在は大きい。 気持ちの良いたおやかな山容の反面、稜線での強風、有毒火山ガスには気を付けたいところである。下山後の温泉にも事欠かない。
山行物語「紺碧の空,智恵子の空,空な懐旧の詩。−安達太良山−」
槍ケ岳 槍ケ岳(長野・岐阜県) <コ−ス:奥穂高岳−槍ケ岳縦走>
紹介するまでも無い北アルプスの尖鋭鋒。山ヤならば一度は憧れる特異な山容はやはり個々のココロに響く何かがあるのだろう。 ル−トも四方に伸びており「高嶺の交差点」と表現され、その如く様々な人々が行き交う賑わいがある。
山行物語=「思わず息呑む大キレット−奥穂高岳〜槍ヶ岳縦走−」
山行物語=「栄光と悲劇の山稜に魅せられし者達−北鎌尾根−」
朝焼けの裏筑波 筑波山(茨城県) <コ−ス:筑波神社−山頂−つつじが丘>
双耳峰を成しており、女体山が山頂。筑波山神社から2時間、つつじが丘から1.5時間。山頂からは大パノラマで関東平野が一望できる。女体山−つつじが丘には「弁慶の七戻り」など見所が多くおすすめ。 地元の山。おべんと持って気軽にハイキングできます。「弁慶の七戻り」「ガマ石」「胎内くぐり」など奇石巡りしながらゆっくり行きたい所。男体山、女体山の鞍部、御幸が原のお土産屋さんで、懐かしいおもちゃ(たとえば「いててガム」)を探しつつそぞろ歩くのもおつなものです?
山行=「ゆけゆけ!ぼくら故郷探検隊A−筑波連山縦走の道−」

★ドキドキはらはらチャレンジル−ト★
裏剣の朝 剣岳(富山県) <コ−ス:剣岳−小窓−欅平>
室堂平から正面に立山三山を拝しその左へと視線を移動していくと見えてくる「針の山」。表剣の賑わいと裏剣の静寂が実に対照的。 ガイドや写真で見る限りその迫力を軽視していたがそれを見事に裏切ってくれた。その山容は一見の価値あり。付近の山小屋は風呂設備が充実していたのも正直驚きであった。
山行物語@「山の神、降臨。−立山〜剣岳・北方稜線−」
山行物語A「真髄はココに。スリルと情の温泉路−池の平〜欅平−」
西穂高岳に向かう 穂高連峰(長野・岐阜県) <コ−ス:西穂高岳−奥穂高岳縦走>
「アルピニスト憧れの縦走路」と紹介される稜線は数キロの行程に10時間ほどを所要する難路でありスリルも満載である。 何があってもおかしくないこの道は毎年遭難事故が起きている。充分な準備が必要な事は言うまでもない。
山行物語「あぁ、あれがジャンダルム・・・?−西穂〜奥穂縦走−」
麓から見た白雲山 表妙義(群馬県) <コ−ス:表妙義縦走>
西上州の針の山。縦走路は鎖場が連続し、所用時間も約10時間と長い。避難小屋、水場共になく登山者の心・技・体はもちろん知識と経験が試される。 難所の「鷹返し」は鎖、固定ロ−プ、ハシゴを使って脚力のみならず腕力も必要とされる。転落死亡事故も多く注意が必要。
山行物語=「岩と鎖とサクラソウ、静寂との語らい−表妙義縦走−」
叶の高手から会津朝日岳 会津朝日岳(福島県) <コ−ス:朝日−会津駒縦走>
南会津・会津朝日岳−丸山岳−会津駒ケ岳へと続く奥只見山地、未開の縦走路。本州最後の秘境ともいわれ、道が無い。 ここの地図(人為的施設)の空白は想像を絶する規模である。
撤退=「闇に響く天の声。閉ざされた縦走路−会津朝日岳−」
撤退=「憧憬の回廊は未だ開けず。−南会津・三岩岳−」
完歩=「孤独な青空。大切なモノはありますか?−朝日・駒縦走−」