第74回公演
「君がいたからこそ−錫杖岳・左方カンテ−」
2008年6月下旬   
 (岐阜県) 
槍穂をバックに快適なクライミングを約束してくれる錫杖岳。中でも前衛壁、左方カンテは安定した岩質に程よい 難易度。ダイナミックにム−ブを決める痛快さが楽しい。


前衛壁 殿堂

槍が見えた。
思い起こせば槍を拝したのは何年ぶりか。
久しぶりに槍穂といいたいところだが、今回はクライミングの殿堂、錫杖がタ−ゲットなのである。

槍見温泉からボトボト歩きで渡渉点。いくらか歩くと前衛壁が広がる。
こりゃあ見栄えがいいなあ。
錫杖沢出合の幕場を通過し錫杖沢を詰めあがる。僅かで錫杖沢の岩舎。
幕なら2.3張、多少の雨では濡れないし、傍らに沢がある。
クライミングといいながら、まるで沢登りのような快適な幕場にしばし満足。

幕を張り、身支度を整えたなら本日のメニュ−は「左方カンテ」
錫杖の一番人気ル−トである。

下の核心 衝動

取付きでジャンケン。勝ったほうが先行でツルベ。最近はこの方式。
でもって、負けたさかぼうはフォロ−スタ−ト。

1P・フォロ−
ルンゼを適当に。
岩は乾いており、最高のコンディション。
背後には槍穂のロケ−ション。
安定した岩に「いやあ、サイコ−っす。」

2P・リ−ド
継続してルンゼからリッジのテラスまで。


3P・フォロ−
下の核心。
フェ−スを一段登り、ノッペリしたスラブの細かいスタンスに立ちこみ、 小ハング上のガバに届けばあとは豪快に体を上げる。
うお−っ!と叫びたくなる衝動が体を貫く。

すっきりとしたフェ−ス 感触

4P・リ−ド
どうってコトのない凹状を、立ち木まで。

5P・フォロ−
すっきりとしたフェ−スを快適に。
このル−トの白眉。最高に楽しいピッチ。
このカッチリとした感触にこのフリクション。そしてこの直線的なル−トはそうはない。
いやあ、本当にクライミングっていいですね。楽しいですね。って感じだ。






ル−トの核心上部 核心
6P・リ−ド
ル−トの核心。
左の細かいホ−ルドを手がかりに、右手を岩の裂け目、肩まで入れ込む。
徐々に体を上げたら、最後はバックアンドフットで、チョックストン上のガバに手が届く。
さらに左のフェ−スを右上。縦に入るクラックを三本ほどつないでリッジ。
そこからノッペリしたフェースをひと登りでピッチを切る。

7P・フォロ−
フェ−スを直上。
がたつきの気になるフレ−クをだましだまし使って、徐々に藪が多くなってくる。
ほどなくヤブが気になりだしたら終了点。

見回せば、翌日のメニュ−本峰フェ−スの大洞穴も見える。
そこから北沢まで四ピッチの懸垂下降で北沢に降り立つ。

天場から前衛壁 青春

最高の天気に最高のクライミング。
カッチリ感とフリクションに酔いしれたそれは、もはや麻薬である。

カイテキな登攀の余韻に浸りながら、明日の登攀に胸を膨らます。
青春とはこんな日々であったか。
今となっては、もはや思い出すにも微かな記憶。
でもこうやって、錫杖沢岩舎から暮れ行く前衛壁を見上げていれば、たしかにそんな日々であったようにも想う。

ただいま青春真っ盛りのパ−トナ−。 少々、羨ましくもあるが、それもこれもなにかの縁。
君がいたからこそ、一杯傾けながらの郷愁に想い耽る。
そして盛大な焚火は夜空を照らす。