山岳会ってどんなとこ?


山岳会ってどんなとこ?

さて、ハイキングから縦走、ハイグレ−ドハイキングを経験し更なる未知に向けて興味が湧いてきたならば 言うまでもありません、あなたは間違いなく登山にドップリとハマっているのです。 そして更なる冒険の舞台に心躍らせ、日々渇きを訴えていることと思われます。
となると、今後はロ−プを使った登山、いわゆるクライミングの出番となります。

が、ちょっと待ってください。
いくら「技術本で勉強」や「インドアクライミングで修行した」としても「クライミングできる」とは別のこと。
ハイグレ−ドハイキングでは「遭難の危険性が高くなる」と言いましたが、クライミングでは「 死亡事故の危険が高く」 なります。
技術を知っていたとしても実践ができるかどうかは別ですし、登攀力はあっても安全技術がなければ意味はありません。
そこで山岳会の出番となります。

そもそもクライミングの技術習得は山岳会に限らず、ガイドによるツア−や仲間で技術を習得することはできます。 そのほうが気兼ねなく性に合っている方もいらっしゃると思います。
が、さかぼうはその経験がほとんどないのでここでは割愛させていただきます。
語るほどでもない経験として言えるのは、「より安全に、効率よく」習得するには山岳会がいいのではないかということ。
ただ、団体行動の煩わしさが少なからずあるのが現実です。
メリットデメリットを踏まえて山岳会の道を選んだならば、まずはあまり気を張らず、気軽に問い合わせして見てください。

山岳会のイロ
山岳会というと一昔前の厳しい男の世界を思い浮かべてしまうのはさかぼうだけではないはずです。(笑)
現在ではそれぞれ山岳会によって実践している山行形態がそれぞれにあります。 ハイキング主体だったり、沢中心だったりクライミング主体だったり。 モチロンここは自分が何をやりたいのかを考え、ネットでの検索やHPリンクで探すことができます。

もし地域や実践形態がマッチしたならば、こんどは山岳会のイロを知っておいたほうがいいでしょう。
つまりその山岳会の雰囲気、フレンドリ−だったり、ホントに厳しい男の世界だったり。 それらひっくるめて選択の基準としたほうが良いでしょう。
しかしそれは自分の目で見て感じて確かめるほかありません。
自分がそこに溶け込めるか、また居心地は悪くないか。せっかく入会しても居心地が悪ければ全く逆効果です。 そのためにも選んだ会に問い合わせた上で「例会」に参加するのがいいでしょう。

例会に行こう
山岳会ではたいてい毎週もしくは隔週に定例の集会つまり例会が開催されています。例会では山行の報告をしたり、 今後の予定を決めたり、山行計画の打ち合わせをします。もちろん山岳会のイロを感じ観るにはいい機会なので 入会するしないはともかくとして一度出席してみることをオススメします。
このほか、大きな組織になると年度の定例会などの年度行事などが開催されます。

ここでひとつ、山岳会とうまく付き合っていくための条件。
山岳会はあくまで自主的に参加する団体であるということ。つまり、「入会したら私をどこかに連れて行ってくれる」 ひとたち(団体)ではなく、自分の参加できそうな山行がないか自ら探したり、行きたい山に他会員を誘ったりと 自ら自主性、積極性を持って参加してほしいと言うことです。

そのためにも例会で山岳会の雰囲気を感じ取り、より自主的に、積極的に参加できそうな山行をしているか、今後 参加してみたい(勉強していきたい)山行があるか、また自分が入会したときを想像しながら入会の是非を見極めて いくことが必要です。


山岳会の良いところ

山岳会って集会とか合宿とかいろいろメンド−じゃない?
たしかにそういった一面もあります。なんにせよデメリットがあってメリットがあるのは世の常ですから。
決してさかぼうは「山岳会」を絶対的にオススメしているわけではなくって、山を学ぶひとつの方法がそこにある ということをいいたいのです。
そんな危ないところに行くこともないし独り気ままに山を楽しみたい方や技術ならプロのガイドが一番だと感じている 方はそれで問題ないと思います。
ただし、更なるステップアップ、クライミングへの挑戦を望みつつ、とはいえ先立つものが・・・。というさかぼうに とっては山岳会というのがフィットしたもの事実です。

そう、山岳会の良いところは「自主性をもって積極的に参加すれば、安価に安全と技術(つまりは安心を)習得できる」 所にあるといえます。