痛恨の失敗


ニュ−スになっちゃうのか?

あれは地図も持たずに秋田・太平山の登山道を偵察にいっていた頃の事。 林道も行き止まり、ジ−ンズ姿で山に入った瞬間だった。
11時方向から「ドドドドドドドド・・・・」と何物かがものすごい勢いで こちらに近づいてくる。
「ええええっ???なんだ?クマか?」(涙目)
体は硬直、棒立ち状態。
頭の中では先日見た熊襲のニュ−スを思い出すのがやっとだった。

ニュ−スになっちゃうのか?
・・・・・・・。(数秒)
足音と共に僕の右1mを駆け抜けた”鹿”。

体の力が抜けた。
30mほど後方でこちらの様子を伺っている鹿に「驚かせやがって!」と 悪態つきながら、内心ホッとした


山で迷ったら・・・


冬の低山。不明瞭な踏み後をたどる。地図だとこの辺を下るはずだ。
よし。町界杭もある。ビニ−ルテ−プもある。
・・・あれ?道がなくなった。
戻ろうにもかなり下ってしまった。

あなたならどうする?

逡巡する我々の前に突き当たった沢。低山だし沢を下ればいける?
それが大きな間違いなのは周知の事実。
少し下ると大藪。水は流れど人は通れず、結局 目に付く尾根に登り返すと登山道発見。
尾根を一本間違えた結果だった。

人里に降りる舗装道路の途中、滝や高い石垣の下に流れがあった。
あのまま下ったらと思うと冷や汗である。
山で迷ったら尾根に登れ。セオリ−を実体験した山行でした。


あれっ、水がない

さて登るか!・・・あれ?ザックが軽いな?
ゴソゴソ・・・。ああああっ!水筒に水が入ってない!
運悪く水場はないので最終手段。 公衆トイレの水道しかない。

登山道入り口のトイレで汲んだ水は飲料不可だったのか、とにかくマスかった。
近くの沢は運悪く枯れており、致し方無いとはいえ、美味しくない水は 勘弁願いたいもの。
次回からは出発前日、家で満タンにしておくようにしました。

林道わきに芸術が
単調な林道歩き。前日は夜道を走りつづけ一睡もしていない。
歩きながら瞼が重い。
ハッとすると林道左脇を歩いてたはずが、今は右脇を歩いている。
どうやら、ウトウトして斜めに歩いていたようだ。イカンイカン。
・・・繰り返し・・・・
仕方なく道すがらの石に座る。「ふう。」・・・zzzz。

「だいじょうぶ?」の声で起こされたのは1時間後。
その間ロダンの考える人状態で何人の人にその芸術を披露したかと思うと赤面。
体力と体調は別物。体力なくとも体調は万全に。