山岳資料室

山に関する本の紹介です。ドキュメント、エッセイ、小説、ガイド、etc・・・ インドア登山も楽しいものですね。

小説
●月光の岩稜<梓林太郎>光文社文庫(500円)
山岳小説の短編集。それだけに気軽に読め、内容も充実。

●大雪層雲峡殺人事件<梓林太郎>光文社文庫(495円)
山屋に悪人は?魅力ある主人公と謎解きの妙。

●潜行山脈<太田蘭三>祥伝社(552円)
小切手を入れた伝書鳩はいずこへ?「登山」とは少々縁遠いか?

●脱獄山脈<太田蘭三>角川文庫(700円)
脱獄囚の行く先は長大な縦走路。その行きつく先は?

●黒部ル−ト殺人事件<斎藤栄>光文社文庫(600円)
未読

●氷壁<井上靖>新潮文庫(629円)
ロ−プは切ったのか切れたのか?穂高を舞台に繰り広げられる人間模様。

●神々の山嶺(上・下巻)<夢枕獏>集英社(各1890円)
かの登山家マロリ−はエベレスト山頂へ立ったのか?カメラが握る歴史の真実。実録のエピソ−ドを交えている所がにくい。

●孤高の人(上・下)<新田次郎>新潮文庫(各590円)
単独行者、加藤文太郎の人生を描く秀作。週末独りで山に行きたくなる。

●銀嶺の人(上・下)<新田次郎>新潮文庫(上:514円/下:552円)
対照的な二人の女性登攀者を描く。心と山の描写がリアルで手に汗握る。

●栄光の岩壁(上・下)<新田次郎>新潮文庫(各590円)
少年:岳彦の幼少期からクライマ−に成長していくドラマを描く。悲しい出来事、辛い出来事、嬉しい出来事。何故、山なのか?読者のココロに響く。

●強力伝・孤島<新田次郎>新潮文庫(438円)
富士の伝説の強力が命を懸けた仕事。その結末は?氏の傑作短編集。

●縦走路<新田次郎>新潮文庫(400円)
美人女流登山家をめぐる男女4人の人間模様。心の駆け引き描写がリアル。

●剣岳<点の記><新田次郎>文春文庫(448円)
剣岳初登を果たした測量官・柴崎芳太郎らが山頂に見たものは・・・。

●風雪の北鎌尾根<新田次郎>新潮文庫(514円)
風雪の北鎌尾根・雷鳴・風が死んだ山などを一冊に収録。ともかく読めばわかる。おすすめです。

●チンネの裁き<新田次郎>新潮文庫(280円)
チンネ直下で起きた落石遭難。そして第二第三の遭難。事件か事故か?その他「消えたシュプ−ル」を収録。

●ホワイトアウト<真保裕一>新潮文庫(781円)
テロリストが日本最大のダムを占拠!主人公が自己復権を賭けて立ち向かう。個々の想いが錯綜しながらクライマックスへ。面白い!おすすめです。

●狼は瞑らない<樋口明雄>角川春樹事務所(2100円)
かつて警視庁SPでもあった無口で実力派の山岳警備隊員:佐伯。その周囲の人間関係は幾重にも巡らされた包囲網であった。

●高熱隧道<吉村昭>新潮文庫(400円)
険峻な峡谷の岩盤に隧道を掘削せよ。想像を絶した難工事に立ち向かう男たちのドラマ。

●鎮魂花<谷山稜>文芸社(1300円)
一途な山への想いと魅力的な異性の狭間で必死に答えを模索する主人公の物語。作者のロマンチストさは私好み。住んでる町がさかぼうと一緒だ!(2001.9現在)

●クライマ-ズハイ<横山秀夫>文藝春秋社(1571円)
新聞記者の主人公が同僚との衝立登攀に挑む前日、飛行機事故により果たせなかった約束。山より新聞記者としての物語に手に汗握る一作です
ドキュメント
●狼は帰らず〜アルピニスト森田勝の生と死<佐瀬稔>山と渓谷社(971円)
森田氏の山に対する息使いを感じさせる。著書の無い森田氏の貴重なドキュメント

●ヒマラヤを駆け抜けた男〜山田昇の青春譜<佐瀬稔>中公文庫(686円)
山田氏の人柄に迫る。映画「植村直巳物語」のエピソ−ドなど面白い。

●長谷川恒男・虚空の登攀者<佐瀬稔>山と渓谷社(1748円)
長谷川氏の登山を決定づけた出来事とは?

●残された山靴<佐瀬稔>山と渓谷社(1500円)
志半ばで逝った8人の登山家のドキュメント。佐瀬稔遺稿集。

●マッキンリ−に死す〜植村直巳の栄冠と修羅<長尾三郎>講談社文庫(485円)
植村氏の登山人生を掛け値なしに振り返る。

●植村直巳と山で一泊<ビ-パル編集部>小学館(777円)
氏が遭難された、マッキンリ−出発直前のインタビュ−。

●生存者〜アンデス山中の70日<PP・リ−ド>新潮文庫(640円)
映画「生きてこそ」の原作(実録)。何しろ登場人物が多い。

●死者は還らず<丸山直樹>山と渓谷社(1500円)
実際起きた遭難事故の現実。山への取り組みを真剣に考えさせられる秀作。

●いまだ下山せず<泉康子>宝島社(1650円)
遭難捜索を山岳会の仲間が綴ったドキュメント。点と点の裏付けなど捜索活動は目を見張る。
エッセイ
●みんなちさこの思うがままさ<池田知沙子>浦和浪漫山岳会(3000円)
感性の赴くままに綴った純真無垢な言葉と魂の語り部。オススメです。

●岩壁よおはよう<長谷川恒男>中公文庫(485円)
氏の山への情熱、友情、悲しみ、苦悩、など読者の気持ちに迫る。読みやすく夢中になってしまう。

●マッタ−ホルン北壁<小西政継>中公文庫(466円)
「鉄の意志」といわれた氏とパ−トナ−達の固い絆がさわやか。

●山は晴天<小西政継>中公文庫(686円)
歯切れの良い語り口に好感。山の仲間達、登山観、奥様との想い出など小西氏の温もりが感じられる一冊

●ぼくの学校は山と川<矢口高雄>講談社文庫(621円)
山とは違うが、里のお話。文章構成がうまく、何度読んでもあきない。

●ぼくの先生は山と川<矢口高雄>講談社文庫(602円)
上記の続編。挿し絵の漫画が、飽きさせない。

●青春を山に賭けて<植村直巳>文春文庫(300円)
植村直巳の大学山岳部、エベレストなど山に賭ける情熱が伝わって来る。

●北極圏一万二千キロ<植村直巳>文春文庫(340円)
氏の世界的偉業の記録と日記。極地の食べ物、生活などが面白い。

●心が豊かになる山歩き術<鈴木澄雄>山海堂(1500円)
氏の山に対するコラム的エッセイ。

●単独行<加藤文太郎>二見書房(1800円)
不朽の単独行者、加藤文太郎31歳の生涯にただ一冊遺された記録。単独行ゆえの苦悩が伝わる。

●落ちこぼれてエベレスト<野口健>集英社インタ-ナショナル(1400円)
7大陸最高峰最年少登頂記録を打ち立てた氏の25年を振り返るエッセイ。包み隠さぬエピソ−ドに好感。

●大いなる山大いなる谷<志水哲也>白山書房(2100円)
偉大な記録を通して氏の高校時代からの山への情熱と信念が淡々と語られる。

●果てしなき山稜<志水哲也>白山書房(1748円)
一度は社会人となった氏。くすぶる心は彼をまた山へと呼んだ。渾身の北海道山脈縦走記録。それに賭ける想いと苦悩に共感。
山岳コミック
●おれたちの頂:全2巻<塀内真人>少年マガジンコミックス(370円)
恭介と邦彦の友情と青春。山岳コミックの先駈け。作者が山岳部経験者でもあり、完成度は高い。

●蒼き氷河の果てに:全1巻<島崎譲>少年マガジンコミックス(370円)
さわやかなんですね。植村直巳さんが。とっても。しかも美少年。

●山靴よ疾走れ!!:4巻<紅林直>ヤングジャンプコミックス(505円)
山を舞台に繰り広げられる人間模様に山岳救助隊が大活躍。オススメです。

●THE BIG WALL:全1巻<横溝邦彦>文藝春秋(619円)
ク−ルでニヒルなかっこ良すぎな主人公。それは山でなくした親友の影を追いかけ続ける男の姿でもあった。

●岳人列伝:愛蔵版・全1巻<村上もとか>小学館叢書(1165円)
熱い!!!!。山と人と自然。熱いドラマの結末は果たしてどうなる?。

●K(ケイ):全1巻<谷口ジロ−>双葉社(1000円)
聳え立つ白き峰に挑む男の物語。山の画は秀逸。難壁と戦うシェルパ「K」の正体とは?

●神々の山嶺:1・2巻<谷口ジロ−>集英社(1000円)
夢枕獏氏の同名小説の漫画化。面白いものはやっぱり面白い。谷口氏の画自体が物語を語るほどの迫力に充ちている。
写真集
●山を愛する写真家たち<東京都写真美術館>東京都写真美術館(2476円)
東京都写真美術館の企画展展示作品集。写真家それぞれの個性や営みを教えられた写真展。本屋で注文できるので、遠方の方には便利

●日本の山と渓谷P〜剣岳<畠山高>山と渓谷社(1900円)
剣に行った後どうしても欲しくなった一冊。素晴らしいのですよ。それほどに。剣は。

●我が心に映る山<山岳写真同人:四季>東京新聞出版(2800円)
モノクロで迫る山々と自然景。個性的な作品に唸ります。
図鑑
●高山植物<木原浩>山と渓谷社(2000円)
コンパクトで携帯にも便利。オ−ルカラ−でわかり易い

●日本の野草(春)<矢野亮>学研(1900円)
平地から丘陵、浜辺の野草図鑑。散歩のお供に一冊。

●日本の野草(夏)<矢野亮>学研(1900円)
花の色別にまとめてあり探し易い。身近だから親しみ易い。

●日本の野草(秋)<矢野亮>学研(1900円)
ようやく出た「秋」バ−ジョン。この秋の散歩の楽しみに・・・

●山菜ガイド<今井万岐子>永岡書店(1400円)
思わず見入る面白さ。新たな発見があります。道端の茂みが気になってしまう一冊。
ガイドブック
●マイカ−登山ベスト周遊コ−ス東京周辺<森田秀巳>山と渓谷社(1500円)
貴重な駐車場情報。但し、年によって通行止めが変わるので、要事前確認。

●マイカ−登山<山と渓谷社>山と渓谷社(各1700円)
駐車場情報有り。なんとなく行きたくなった時、関越、東北、東名、中央、常磐、中国、北陸、名古屋方面でパラパラと眺められて便利。

●分県登山ガイド1〜45<各刊別>山と渓谷社(各刊別)
都道府県ごとの山ガイド。シリ−ズで唯一発行されていない所は?

●アルペンガイド:北岳・甲斐駒・仙丈<山と渓谷社>山と渓谷社(971円)
ル−ト紹介が豊富。雪山も出るプランも。

●北アルプスを登る<昭文社>昭文社(1400円)
穂高・立山・白馬・・・。なかなか詳しい(細かい)一冊。こちらの山域が好きな方、これから行く方は買って損はないであろう。

●穂高連峰を行く<鈴木昇己>山と渓谷社(1718円)
写真とガイドのバランスのよい一冊。

●上高地、槍、穂高<山と渓谷社>山と渓谷社(1068円)
ガイド中心の一冊。紹介ル−トが多く、アクセス、難易度などの情報もある。

●立山・剣岳を歩く<平本雅信>山と渓谷社(1592円)
フルカラ−でガイドも豊富。この山域計画の際には是非欲しい一冊。

●空撮登山ガイド:立山・剣・雲ノ平<三枝輝雄・内田修>山と渓谷社(1650円)
コ−ス紹介は少ないが、写真が豊富。様々な角度からの写真でイメ−ジも膨らみます。

●アルペンガイド:立山・剣・白馬く<山と渓谷社>山と渓谷社(1500円)
ル−ト紹介が一般からバリエ−ションまでと豊富。

●日本の名山:剣岳<串田孫一他>博品社(1600円)
様々な登山家の記した剣岳。詩集あり記録あり思い出あり。

●日本百名山登山ガイド上・下<山渓編集部>山と渓谷社(1600円)
日本百名山を目指すなら手元にほしい一冊。ガイドは1ル−トの紹介。広く浅く。

●空撮日本百名山<佐古清隆他>山と渓谷社(2000円)
日本百名山の空撮集。気持ちよい空中百名山巡りが楽しめる。

●空撮登山ガイド槍、穂高、常念岳<内田修>山と渓谷社(1650円)
半分登った気分になってしまう。それに穂高の美しい写真。写真集とも言うべき一冊。

●18000山の住所録:日本山名総覧<武内正>白山書房(1700円)
1/25000地図に載っている山という山を拾い出したデ−タブック。楽しい山名や、低山ランキングといったデ−タも充実

●会津100名山ガイダンス<南会津保健所>歴史春秋社(2100円)
100名山とは便宜上のもの。地図にないル−ト詳細が盛りだくさん。会津に興味がある人は是非欲しい一冊。

●雪山:入門とガイド<岩崎元郎>山と渓谷社(1796円)
雪山入門ハウツ−と入門コ−スの紹介。私的にも参考とした。敷居が高いと思われがちの雪山。この本と装備、そしてほんのチョット勇気が有れば雪稜が目前に!

●日本雪山登山ル−ト集<中村成勝>山と渓谷社(2762円)
初級から上級までの雪山ル−トを紹介。雪山ル−トの情報が少ないなか、山岳会に属さない単独者にはありがたい。

●日本のクラシックル−ト<山と渓谷社>山と渓谷社(2600円)
憧れの領域、バリエ−ションル−トの数々。いつかきっと・・・役立てねば。

●関東の山歩き100選<津波克明>昭文社(1714円)
日帰りから3000mまでオススメ山行を紹介。マイカ−情報が詳細。山名の由来から立体的地形図まで情報満載。
テキスト
●ヤマケイ登山学校:低山を歩く<横山厚夫>山と渓谷社(1500円)
山の入門、低山の楽しみ方から装備まで。山を楽しむ基本が詰まった一冊

●ヤマケイ登山学校:山で泊まる<森田秀巳>山と渓谷社(1500円)
小屋、テント、そして・・・山で泊まる技術と方法。いざという時あなたは何処で”泊まる?”

●ヤマケイ登山学校:山を歩く<福島正朗、羽根田治>山と渓谷社(1500円)
山歩きの魅力、メカニズム、トレ−ニングからテクニックまで網羅。

●ヤマケイ登山学校:山のトラブル対処法<北田紘一>山と渓谷社(1500円)
一体トラブルとは?防げる?予測できる?転ばぬ先のなんとやら。

●ヤマケイ登山学校:山の気象学<城所邦夫>山と渓谷社(1456円)
山の天気に関するあれこれ。難しい・・・。

●ヤマケイ登山学校:単独登山<佐古清隆>山と渓谷社(1456円)
ひとりだからこそ・・・。そのメリットとデメリット。著者の単独経験を生かした「単独気持」には共感。

●ヤマケイ登山学校:冬山<近藤和美>山と渓谷社(1466円)
冬山の装備、技術、天気。総合的冬山入門編。

●ヤマケイ登山学校:春山<酒井国光>山と渓谷社(1456円)
雪山の入門、春山の魅力から計画、技術、オススメコ−スまで紹介。

●ヤマケイ登山学校:アルパインクライミング<保科雅則>山と渓谷社(1456円)
山登りとしてのクライミング技術書。技術の一つとして学習しておいて損はないはずである。

●ヤマケイ登山学校:フリ−クライミング<北山真>山と渓谷社(1456円)
スポ−ツの側面が強いフリ−クライミング。トレ−ニングやギア、ム−ブとやはり知っていて損はない。

●中高年のための登山学:安心山歩きのすすめ<岩崎元郎>NHK出版(980円)
NHK番組のテキスト。登山入門書。カラ−写真でわかり易い。

●中高年のための登山学:日本百名山をめざす<岩崎元郎>NHK出版(950円)
NHK番組のテキスト。テキストというよりは百名山プラン集

●中高年のための登山学:日本百名山をめざすU<岩崎元郎>NHK出版(1000円)
NHK番組のテキスト。プラン集その二。

●中高年のための登山学:日帰り登山で基本を学ぶ<岩崎元郎>NHK出版(1000円)
1999年NHK番組のテキスト。「名作劇場」の山が2つも掲載されていて思わず買ってしまった。

●岩崎元郎の登山教室Q&A<岩崎元郎>NHK出版(1000円)
番組テキストに寄せられた質問と回答集。

●登山セミナ−用具と技術<岳人編集部編>東京新聞出版局(830円)
一般登山から岩登り、沢登りまでの用具と技術の解説

●山の物識りノ−ト<岳人編集部編>東京新聞出版局(803円)
山の歴史、地質から地図、用具までの豆知識。

●山で困ったときのテクニック<岩崎元郎>山と渓谷社(800円)
著者の体験談中心の読みやすいHOWTO本。内容も一般登山レベルで初心者からOK。

●やさしい山の歩き方<スタジオビ-イング>永岡書店(980円)
僕にとっての登山バイブル。この一冊から始まった。段階を追って、わかり易く解説

●山歩き手帳<フィ-ルドウォ-ク>西東社(1000円)
初心者用HOWTO本、手帳サイズだけ合って、ハイキングのお供によい。

●登山者のための観天望気<城所邦夫>山と渓谷社(950円)
雲の形やことわざで知る天気の予測。構えずに気楽に読める所が良い。

●山の常識・非常識<森田秀巳・松倉一夫>山と渓谷社(980円)
登山に関するエピソ−ド集。山のマナ−勉強に持ってこい。陥り易い失敗はこれで大丈夫。

●ひとりで山を歩く<石井昭子>山と渓谷社(950円)
単独山行の楽しみ方。女性から見た切り口が面白い

●遭難のしかた教えます<丸山晴弘>山と渓谷社(950円)
安全登山のレクチャ−本。タイトルも内容も皮肉っぽい辛口の内容。それを持ってして”遭難”を真剣に考えさせられる。
紀行
●秘境の山旅<大内尚樹>白山書房(1600円)
秘境がひとつのテ−マ。それら好みの方々にはたまりません。
●山へ・原始の香り求めて<大内尚樹>白山書房(1600円)
秘境の山旅第二弾(だと思う)。秘境度は益々アップしており、想像の情景に憧れてしまいます。
●机上登山<西丸震哉>博品社(1800円)
独特の語り口は、痛快?毒舌?微妙な所。破天荒で自由な発想に敬服いたします。
●日本百名山<深田久弥>新潮社文庫(560円)
言わずと知られた一冊。登る前に読み、後で読むと面白さ倍増。
歴史
●別冊太陽〜人はなぜ山に登るのか<平凡社>平凡社(2300円)
登山の歴史、人物などに触れた一冊。読み物が多い。