登山その後


山登り3つの楽しみ

さあ、山から無事帰還しました。「あ−楽しかったなあ−よかったなあ−」 「やれやれ、明日から仕事かい」(社会復帰が恐いのはさかぼうだけではないはず) 色々な想いが錯綜する時ですね。
目を閉じると美しい景色が、エピソ−ドが、出逢いが、反省点が・・・。
悲しいかな、これらは時間が経つにつれ、忘却の一途を辿ります。
だからこそ、「山行報告書」をお勧めいたします。
とは言うものの「報告書」では、なんとなく気もすすみませんねえ。 そこで「山行日記」をオススメします。

日記帳に1ペ−ジぐらいでエピソ−ド、感想などをつらつら書いています。 思いのまま、ペンを走らす乱筆乱文。 それでもしばらくして読むと、その山行が鮮やかに蘇ります。
計画の楽しみ、山に行く楽しみ、想い出を楽しむ。
一度で3つの楽しみがついてくる。 せっかく汗をカキカキ登った山ですから、 いつまでも楽しい想い出を残したいものですね。

写真はどうする?
思い通りに映ってるかな?ああ、こんなとこも撮ったなあ。 おお、これはなかなか良く撮れた!
写真を現像し、はじめて見る時ってなんだか嬉しいですよね。
よく撮れたものは引伸ばしてみませんか? 迫力が断然違います。 そうでなくてもアルバムに挟みましょう。
「あれ−?これ何処の山?」 なんてもったいないですよ。 経験者のさかぼうが語ってますから、とっても有り得る事態です。

ハマっている証拠!
「植物」を写真にとって調べる。結構ハマります。
そのうち「あ、これは○×かな?」なんて思ってきたら、 もうあなたもハマっている証拠です。
今は図鑑もオ−ルカラ−で、調べるにも、「科・類」「季節」「花の色」 などの特徴で調べられます。
お勧めは「花の色で調べる」タイプ。
初めてでも探し易いところがGOODです。


文壇デビュ−だ!

山行記録の延長ですが、立派な「紀行文」をしたためてはいかがでしょう。 月刊「山と渓谷」では毎月「読者紀行文」を掲載しています。
ナニを隠そうさかぼうも一度投稿しました。 軽い気持ちで「文壇デビュ−だ!」なんて。冗談半分のつもりが結構真剣になっ てきて、何度も推敲して送ったものです。 結局掲載はされませんでしたが、これもひとつの経験で楽しかったです。
今は、その処女作で絶筆(!)ですが、 そのうちまた投稿してみようかと考えています。


きっとできるはず!

パソコン買ってネット始めて、登山のHP覗くようになって、掲示板などで 会話するようになって・・・。
自分のHPなんて・・・。と思ってはいませんか?
さかぼうもその一人でしたが、HP作成着手したのは パソコン買ってから、10ヶ月の時でした。
きっかけは「そう言えば僕も最近HP作れたらいいな−と憧れています。 しかしPC初心者だし、装備もたいしたPCじゃないので・・・」というメ−ルの 一文。
親切に教えてくださった方には感謝感謝なのですが、決して遠い道ではない事、 作成段階であれもこれもと楽しい事、自分を気がねなく表現できる事、など わくわくドキドキな時間が過ごせる事請け合いです。
これを見ている皆さんにも是非挑戦して欲しいですし、きっとできるはずです。