ザックの中身


まるで遠足

そうです。山に登り始めは本当に遠足のようでした。
水と食べ物、タオル、ミニコンロ、ナイフ、懐中コンパス。 そのくせ、地図はナシ
さあ、どうする?
どうもこうもありませんよね。(笑)
そんなあの頃が、いまさらながら恥ずかしい次第です。

ここでは、そんなさかぼうが如何に山の装備を ステップアップしていったかについて 記します。ほとんどが失敗談ではありますが、その中に僅かながらも 参考になることがあるかもしれません。
もっとも参考にはならずとも笑える所は多いはずです。 思いっきり笑ってやってください。

重くて鋭いア−ミ−ナイフ
そうそう、このア−ミ−ナイフ腰にぶら下げて登ったものです。
さかぼうは夏山に限って、ナイフはあまり重要視していません。 カッタ−でもいいくらいです。
要は食料と持ち物を切りたい所でカットできればいいのです。
山に行って、枝を切ったりクマと戦ったり、 はたまた敵(!)にゲリラ戦を挑んだりはマズしません。
したがってゴツイナイフで命拾いしたという話を聞いたときはありません。
結構同じような勘違いされてる方いるかもしれませんね。(いないって!)
今は、小指ぐらいのミニミニナイフを愛用 しています。

ガラクタの品評会
避難小屋に初めて泊まるときは、様々な装備を色々持ち込んだものです。
誰もいないのをいいことに床一杯に装備をならべてみるとあるわあるわ、 使わないものが。
準備のときは、ああこれも使うかなって持ってきたのに、 今思うとなんで持ってきたのかなととっても不思議な気分になりました。

もしかしたら?と思うものはまず使わない 。それがさかぼうの答えです。
ガラクタの品評会を開いたときから、自分なりに考えついた 結論なんですが、もし本当に心配な(物)方は、持って行ってもいいとも思います。
というのは、心理的に余裕が持て、もし使わなくても やっぱり不要だとか、まだまだ心配だとか、その方なりの結論が 出せるのですから。

洗練されると”モノ”は減る
装備の軽量化とはまるでそのままの意味ですが、 初めはなかなか難しいものです。
しかし、無駄(重量)を省く努力を心がけ、 使うか使わないか?軽くできないか? 共用できないか?その3点を意識することで さかぼうは軽量化を図りました。

●使うか使わないか?
必ず使うものと緊急時のもの意外は切り捨てる。
●軽くできないか?
今持っている装備がもっと軽くできないか考える。
●共用できないか?
揃えたもので使いまわしできないか考える。

それらを意識しながら、山行を重ねて、 洗練されていきました。
今は、基本装備、特別装備と、日程によって選んでいます。 その装備について紹介します。

◆基本装備

地図、コンパス、ミニナイフ、水筒(1L)、ヘッドランプ、 ポケットラジオ、替電池、レインウェア、ザックカバ−、防寒着(フリ−ス) 、替え下着、替靴下、カップ

◆いざというときの装備(基本装備の一種)

ライタ−やマッチ、レスキュ−ホイッスル、サバイバルシ−ト、 細引き(ロ−プ)10mぐらい、ツエルト(簡易テント)、ファ−ストエイド (薬セット)、健康保険のコピ−、ロ−ソク、行動食、非常食

◆食事装備

ガスコンロ、コッヘル、軍手、箸、トイレットペ−パ−

◆宿泊装備

テント、マット、シュラフ(登山用)、シュラフカバ−、

◆趣味の装備

カメラ、三脚

◆その他
  • 地図は、書店で売っているものと国土地理院発行1/25000の 両方持って行きます。 市販品は正規ル−トの情報が満載。 1/25000図は地形など読むのに最適です。
  • ちっちゃい手帳と小指サイズに切った鉛筆で時間、感想などメモします。
  • 財布の中は必要最小限お札とテレカと保険証コピ−。
  • 馬鹿にできない替電池。ザックに揺られてスイッチオンなんて事もありますから。
  • 腕時計はアラ−ム付きだと目覚ましにも使えます。
  • ファ−ストエイドには、常備薬なども入れましょう。
  • コッヘルは1人1鍋で十分です。 パッキングのしやすさとお湯を注ぎ易さでさかぼうは四角いコッヘル愛用してます。
  • ライタ−はタ−ボ型だと高山で着火しないときがあります。
  • 軍手で熱い鍋の取手をつかみます。
  • ペ−パ−は使った鍋の拭き取りと、おトイレ時に使えます。
  • シュラフはオ−トキャンプ用でなく登山用でかなりコンパクトなものがあります。
  • 補足として、防水用の袋。スタッフバックという内側がビニ−ルコ−トしてある 物がありますが、普通のビニ−ル袋も併用したい所です。(そうすれば完璧!) 防水にはかなり気を配ってください。着替えはあるけど濡れてたら意味ありません。 それとポリエチレン袋(ス−パ−の買い物袋)は、がさがさうるさいので 気を付けましょう。

  • 不自由を楽しむ
    装備も服装同様、段々と揃える事をお勧めします。
    ただ、服装と違うのはある物をよりよい装備にステップアップするだけでなく、 より洗練、工夫していく、軽くしていく努力が要る 事です。
    重量は歩く事にも影響があります。 もちろん快適な山歩きには重要なキ−ワ−ドですから。
    また、不自由を楽しむ気持ちを持って行きましょう。 忘れ物があれば何で代用しようか。そんな思い出もすばらしい財産になる事でしょう。