おなかが減ったら


コンビニのおにぎり

ヒィヒィいいながらも秋田の太平山に登ったとき、山頂で頬張ったのは コンビニのおにぎりでした。
最初は山頂で調理なんて想像だにせず、 コンビニでおにぎりと缶ジュ−スを買って、ザックに積めたものです。
日帰りの山行でしたから、それで十分でしたが、水筒も持たず、 山頂でおにぎりはすっかり食べていましたので道に迷いでもしたら 一大事だった事でしょう。

当時本人は、そんな事もお構いなしに道に迷っては、 「あれ−?オカシイなぁ」なんて言う能天気者でした。


シャリバテだ!


食べ物の話で必ず思い出すのが西丹沢・玄倉から塔の岳を目指したときの事 です。
その時は途中で林道が閉鎖されており予定の10km手前(!)から歩く事になり、 幸先の悪い日でした。
さてようやく林道歩きも終わり塔の岳への登りにつき、その半ばの事。
すでに昼を大幅に過ぎていましたが、ここまできたら山頂で昼飯だと 思いつつ歩いているとなんだか体に力が入らない。
おなかに力が入らないような感覚。
あれ−バテたかな−?と思うも、疲労感はあまり無い。
山頂に着く頃には三歩歩いてタメ息。全く身体が言う事を聞かない。
何とか山頂にたどり着き、尊仏山荘で昼飯を 食べたら、あら不思議。何もなかったかのように水場やら、 山頂やらを歩き回ってもなんともありません。
そう、これが「シャリバテ」です。

その時から、「山頂で昼飯」ということにこだわらないようにしました。 また、積極的に行動食も取るようにしました。

行動食の取り方
シャリバテになってからというもの、行動食を重要視するようになり、 初めはおやつ感覚だったものをエネルギ−補給重視 に組み立てて、自分の好みを模索するようになりました。

今は、段々と発展してきて、まあ満足できるようになっています。
初めは、飴、チョコ、カキピ−の一口サイズをたくさんポケットにいれて、 歩きながら食べてましたが、なんだか腹の足しにならなかった。 それにごみばっかりポケットにあふれて面倒でもありました。

そこで一口サイズはよくないと、手のひらサイズにしました。
食べ方は2時間を目安になんとなく腹が減ったかなという時に、 「チョコクッキ−」「カロリ−メイト」など1袋を手短に取ります。
すべてがその限りではありませんが、今も大体、続けています。

こう書くと、さぞかし食いしん坊で太っちょな様を連想されるか知れませんが、 いたって標準体型です。(今は、ですが・・・)

行動食の是非は、人によってあると思います。好みもあるはずです。 ここでいう事は、その是非ではなく、自分の特徴を捉える事が大事である という事です。

これが噂の具なしカレ−
山の食事って、楽しみですよね。特に山小屋の食事。
それぞれの山小屋の名物を食べに行くのも楽しい事です。

この辺の事はなかなかガイドには載ってないようで、 出会った山ヤさんたちに聞いたりするのが情報源。
あそこでは刺し身が出たとか、名物鍋焼きうどんとか、山菜天ぷらとか、 etc・・・

昔は大体具なしのカレ−が出たもんだということもよく聞きました。
そしてとうとう出会った噂の具なしカレ−。
結論。
山で食べる食事はおいしい。 具なしだろうがそこで過ごす、話す、聞く 見る、そして食べる。すべて一緒に楽しめるのです。

これが楽しめないと、なんだかつまらないものになってしまいますし、 食事の美味しさを楽しむならば、それ相応の所があるはず。
自分で担いで行って作る事を考えたら何だってごちそうです。

軽い装備、重い食料
山にも慣れ親しんで装備の軽量化も進んできた。そんな時出かけた2泊のテント 山行。軽くしたはずのザックがやけに肩に食い込む。食料は仕方ないんだから・・・ それが大きな間違い。いくら装備を軽くした所で食いしん坊の僕は、 食料で重量オ−バ−。本末転倒とはこの事。軽量化を目指すなら、食料も 軽量化。いくら乾燥米やフリ−ズドライといってもまとまると結構な重量。 平地でいつもお替わりするからとあまり欲張らない方がよいようです。


自分で乾燥米を作る

乾燥米とはお湯や水で戻せるお米の事で僕はよく山で利用しています。 ある時、これは自分でも作れるのではと思い、つくってみました。 残り物のご飯を冷まします。 タッパ−に入れ、風通しのいい所に天日干し。 夜や天気の悪いときは冷蔵庫。 時々塊をほぐしたりかき回したりする。 その繰り返しで1週間ぐらいで完成です。


安い!軽い!うまい!

そうそう、乾燥米といえば登山ショップで売っておりますが、結構高価。 そこで安くて、軽くて、うまい(美味しいとはちょっと違うニュアンス) メニュ−はないものか? 僕がよく行くのがス−パ−マ−ケット。 案外、使えるものがあったりする。 ラ−メン、カレ−はもとより、やきそば、ビ−フン、うどん蕎麦、 マッシュポテト、マ−ボ−春雨、ス−プ類、お汁粉、味噌汁、スパゲティ−、 まぜご飯、塩昆布、などなど あなたもス−パ−で便利な山のメニュ−を探してみましょう。