山の愉しみ


一服の清涼剤

山に行くといえばまず期待するのは、みずみずしい緑、美しい池、 可憐な花々、そして遥か彼方に見える山々。 想像しただけで行きたくなってしまいます。
見上げれば満天の星空。天の川がくっきりと・・・。 もうたまりません。
何かと自然に触れる機会のない現代においてはまさに 一服の清涼剤なのです。
アレルギ−でくしゃみをしながらも山に行くと治ってしまったり、 不規則な生活で体調が悪くても山に行くと自然に早寝早起きになったり。 自然の治癒力は計り知れないものがあります。 これこそ人間が本来あるべき動物の姿に戻る時なんでしょうね
そんな効果のある大きな自然。あなたの身体は求めていませんか?


彼方に見えるあの山は?

山に行くと遥か彼方の山々が美しい姿を見せてくれます。
さすがに今、自分のいる山や、歩いてきた山の名前は分かりますよね。
それじゃ、ちょっと離れたあの山は? その山の向こうに見える雪景色のあの山は?
わかったらとても嬉しいですよねえ。「○×山が見えた!」なんて年甲斐もなく ハシャぐのも”またたのし”です。
そのように山を特定して行く事を「山座同定」 といい、山での愉しみにひとつなのです。

しかし、悲しいかなテレビみたいに親切に「これが○○で、こっちが×× 。」なんてやっておりませんので、さかぼうもはじめは実際何がなんだかよく分かりませんでした。
知ったかぶって、帰宅してからガイドを見て恥ずかしくなったことなど数え切れません。 しかし、そんな事恐れもせずに山座同定してみましょう。
案外、行ったことのある山は不思議とわかるようになることでしょう。
「あ、この前行った○○山だ!ということはこっちは××かな?」
そうなると歩きながらの”景色”もまた一段と魅力が増してくるものです。


道端に咲く可憐な花

山歩きは楽しい。自然に触れて景色がいい。確かにそうでしょう。
そこで一つ提案なんですが、 道端に咲いている可憐な花に目を向けてみませんか?
「見ても名前もわからないし・・・」ごもっともです。
山に行くと植物に詳しい方がいらっしゃいますが、はじめから詳しいわけ ではありません。 しかし、せっかくこの時期にこのあたりでしか咲かない花を「まあ、キレイ」だけで 通り過ぎるのではもったいないのではないでしょうか?
さかぼうもはじめはそうでした。
しかし山で花に詳しい山ヤに出会ってから、見つけた花を写真にとって 現像後図鑑で調べるのをしばらく続けました。
するとそれが案外面白い。「あ−っ、あった−。」なぁ-んてやって。

何も高山植物にこだわることはないと思います。
可憐な花は変わる事無く可憐であって、高山植物=価値がある、野の花=価値がない。 であるはずなく、 すべてが山野草とその延長なのでしょうから


写真を少々

美しい景色で1枚、お花を見つけて一枚、山頂で一枚。 山で写真撮らない人ってまずいないのではないでしょうか。
コンパクトカメラから一眼レフ、デジカメって方もいらっしゃいます。
私メも目下初心の初心、さらに独学ではありますが、修行中です。 この感動を、雄大さを、スリルを、そして美しさを伝えたい。

初心者にまだ毛も生えてないくらいのレベルですが その楽しさと奥の深さにハマりつつあります。


山頂での乾杯!!

皆さんは山で「飲む!」というと何を御想像されますか?
やっぱり”ビ−ル”、ニヒルに”ウイスキ−”、流行りの”ワイン”などなど。
ところがさかぼうにとっては”山の天然水”が愉しみのひとつなんです。
あそこの水はどうだったこうだったと、水場があるたび立ち止まる。 口に合った水は家まで持ち帰って、キ−ンと冷やして大切にいただく。 そんな”水”マニアのさかぼうは、普段から「酒もってこい!」ならぬ 「水もってこい!」なのです。ウ−ン、安上がり。


なぜ山に行くのか?

山の愉しみっていったい何なのでしょう。
よ−く考えてみると きつかったり、危なかったり。
しかし、それ以上に愉しみの方がそんな気持ちより 大きいわけですが、それだけでなくもっと 心の芯に響くものが皆さん あることでしょう。
さかぼうにとってのそれは、自己責任における行動と自己能力向上 そして達成感。今はそんな気がします。
自分独りで何ができるか?何を学べるか?それらの達成満足。
こう書くとなんだか本当にそうなのか、よくわからなくなりますが、 「なぜ山に行くのか?」このままずっと謎のような気がします。
ま、それでいいのかもしれません。


近所にコンビニありますか?

山には日常生活のほとんどがありません。
怪我をしても救急車はすぐ来ませんし、忘れ物があっても近所にコンビニは ありません。
ただ必要最小限、自分で担いでいくものが頼りです。 そんな自分の選んだ最小限の荷物で何ができるか?何処までできるか? それもさかぼうにとってはひとつの楽しみなのです。
不安やアクシデントをひとつずつ解消する面白さは、大袈裟かもしれませんが 今までの自分への 挑戦、新しい創造の開放とも思えるのです。
(なんだか主義的だなあ)はは。