第5回公演
「その先にある邂逅。新しき仲間そして山道
−丹沢・塔ノ岳−」
99年9月下旬
(神奈川県)
関東大震災の震源地、丹沢山塊は、懐の深さと美味しい水が魅力的。
「いつでも、何度でも楽しい。」そんな憩いの山である


◆コ−スと時間

日帰り
大倉駐車場(8:50)−<大倉尾根>−花立山荘(11:40)−塔ノ岳(12:15)
−木ノ又小屋(12:35/13:55)−<木ノ又新道>−水無川本谷(14:55)
−戸沢林道終点(15:55)



涼しげな樹林の緩登 突然、1日のお暇をいただける事になった。

「じゃあ、山か?」そんな事から今回の山行は決定したのである。

決定が前夜だった事もあり、準備不足は否めない。 何処に行くか苦慮したが、ちょっと気になる事があったので、 丹沢・塔ノ岳に行く事にした。

ここ丹沢は自身3度目の訪問となるが、いつ来ても新しい発見、感動がある実に懐の深〜い山域なのだ。
何百回も塔ノ岳に巡礼している方々も数多く居られるのも頷ける。

登山道は樹林の中を緩やかに登る

こうして樹林の中に 身を置くと、さらさらと涼しい風が気持ち良く、日差しは夏のように強くとも、やさしく秋を感じさせてくれる。





あっ、ネコだ!
堀山の前後から急登と緩登の繰り返し。

「堀山の家」前で小休止。ひたすら登りが続くと聞いていたが、ちょっと拍子抜け

そんな事を考えている所になんと、「ネコ」が登場
「ネコ大好き!」な私は思わず写真をパチリ。

ひたすら登る階段の急登
ネコに「さよなら」をしてから 55分ほどで花立山荘に着く。

しかし、ここまでの登りはきつかった。 急登の階段をひたすら登る。前半、甘く見ていた為、モロにカウンタ−パンチを 貰ってしまった。

塔ノ岳が眼前に迫る












反面、急登になってから展望も良くなる。右に表尾根、左に鍋割山、正面には 花立。それを越えると塔ノ岳が眼前に現れる。

塔ノ岳山頂から丹沢山、蛭ケ岳
丹沢の盟主塔ノ岳へは花立山荘から 30分で到着した。

霞と雲が多く、景色も薄ぼんやりだが、雲に浮いた富士山、 丹沢の主たる山の稜線、360度の大展望が素晴らしい。

山頂の休憩は小休止。なぜかって?実は本日の目的地はここではないのである。





木ノ又大日「木ノ又小屋」
山頂から20分。ここが本日の 目的地、「木ノ又小屋」である。

事は前夜に遡る。ネット上でお世話になっている「歩荷もどき」さん <HP:「木ノ又便り」主宰>が小屋に入るということを知り、 私が、一方的にお伺いしようと決定したのである。

窓が開いている。中から楽しそうな声がする。
かなりドキドキものである

いきなり「もどきさんですか?」は失礼か?じゃ、ジュ−ス買うふりして さりげなく聞いてみようか?(瞬間の心の葛藤)

そんな思いが交錯する中、思わず口にしたのが「小屋の方いらっしゃいますか?」という一言。

何とかそんな具合で挨拶を交わし、初めてネットで知り合った方とお会いできたのである。

「テッちゃん」<HP:「低山山歩」主宰>ともお会いでき、 時を忘れて歓談

初めて逢う方達なのに、古い友人に久しぶりにあった。そんな気のする不思議な出逢い
あっという間に時は過ぎ、もう時計は2時近くを指している。

この先に登山道が???
下山は皆さんにお誘い頂き、一緒に 「木ノ又新道」へ取る事にした。

地図をよ−く見るが見当たらない。何処だろう??
それもそのはず、「地図には載っていない!!」のだ。

ここは、もどきさん達がここ4年で開拓してきた新しいル−トなのである。


木ノ又小屋から尾根つたいに水無川本谷F5へと下り、書策新道に合流する。 ・・・らしい。


小屋からその登山道への入り口は不気味にヤブに覆われて、その先に道があるとは・・・。


木ノ又キレットの通過 ヤブありザレガレあり、キレットあり。 なにより静かな山歩き。なんだかとても楽しい

笹ヤブをかきわけ進む











赤テ−プやロ−プが設置され、踏み後も確認できるが、 判然としない部分が所々にある。気を抜けない所だ。

幸い、開拓者のもどきさんの的確なアドバイスと、テッちゃんの巧みなリ−ドの為、不安を感じる事は なく、むしろ楽しい感情だけがくっきりと浮かび上がってくる。





水無川本谷・F5付近に着いた
沢の音がボリュ−ムを増してきた。

小屋を下り始めてちょうど1時間、水無川本谷・F5(滝の名称)近くに 降り立つ。

さわやかな沢の空気、心地よい沢の音。紅葉の時期はさぞかし 美しいであろう。

一同ここで小休止。





堰堤兼林道。ここまで来ればもうすぐだ 戸沢の林道終点へは更に1時間、 薄暗い杉の植樹林を緩やかに下る。

堰堤をかねた道路を越えると駐車場が 見えてくる。この山行も終わりに近づいてきた。

山との出逢い、
人との出逢い、
道との出逢い、
そしてその先にある邂逅。



〜そんな想い出と出逢いは
褪せる事なく私の宝物になる。〜