山に泊まる


初めての山小屋


子供の頃慣れ親しんだ筑波山には山小屋がありません。
はじめて山小屋に立ち寄ったのは田代山無人避難小屋でした。
今思うとかなり立派な小屋でしたが、その時は煙臭が強く なんかススけた所というのが印象に残っています。
今ではいろんな小屋を経験し、田代山避難小屋は、 トップレベルの快適さだというのが良くわかります。

避難小屋といってもピンからキリまであります。
ねずみが出る宣言の小屋、ただの土管のような小屋、いろいろありました。 せっかく泊まるなら気持ちよく泊まれる所が良いですね。

静寂と風の音、山小屋に泊まる

暗闇に体を横たえ、目を閉じる。
静けさが体を包む。そしてかすかに風の音。
そこに生まれる自分との対話。地面から伝わって来る大地とのふれあい。
初めての山小屋泊りはそんな気持ちのよさを感じる一夜でした。

避難小屋は管理人がおらず、布団などの設備もありません。 非常用が備わっている所もありますが、充分ではありませんので 自分で荷を上げることになります。 避難小屋は無人です。総じてキレイではありません。 さかぼうはまず小屋内の掃除、空気の入れ替えなど をしてひととおりきれいにします。 自分も気持ちいいですし、後に使う人だって気持ちいい。 一日一善ではありませんが、一夜を過ごす所なんですから、 まずは掃除をしてみましょう 来た時よりも美しくできたら自分で自分を誉めてやりましょう。(^^)


営業山小屋のあれこれ

さかぼうは平日山行が多いため避難小屋で他パ−ティ−と一緒になった事がありません。 しかし営業小屋では少人数ながら一緒になる時があります。 同宿の面々とゆったり話に華を咲かせるのも楽しいひとときです

営業小屋の利点は宿泊装備のいらないこと、 食事が取れること。まれに素泊まりのみなんて所もありますが、 おおかた食事が取れるはずです。
もちろん素泊まりもできますが、せっかくならば食事もセットしましょう。
というのは小屋それぞれの個性を楽しめる所 ですし、食卓を囲んでの歓談も楽しいものですから。

しかし、人が多いときはイタダケません。
ひとつの布団に何人もというすし詰め状態の事もあるそうです。 幸い経験ありませんが、それはちょっと遠慮したいものです。

それから営業小屋は来る人を拒みません。 予約なくても泊めてくれます。逆に予約があるからといって優遇もしません。
しかし泊まる所が決まっているのなら 予約を入れましょう。
そうすれば山の情報など、気軽に電話で聞き易いってものです。

持っているケドどう使う?
ツエルトってよく聞きませんか?
それナニ?って方は覚えておいてください。
答えは、緊急時のためにザックに忍ばせる手の平サイズの簡易テント。 いざという時、強風や雨から身を守ります。

ツエルトを購入し開けてみる。
???これどういう風に使うの?
ってな事で計画した「ビバ−ク想定山行」。
当日は雨も降ってきて本番さながら。
実態は一人やっと横になるスペ−スでただジッとするだけ。 風はしのげるけど、水が染みてくる。 ゴアテックスのシュラフカバ−がなければ悲惨な状態。 12月だから寒さも強く、ガスコンロで暖を取りつつお湯を沸かし、すする。
「想定」だけあって装備も充実してたからまだ良かったのだと思う。 もし本当の緊急時にツエルトだけで助かると 思ったら怪我をするかもしれないことを実感した良い機会でした。

軽い頭痛の正体は?
それは北アルプス南岳でテントを張り終えて、ごろごろしていたときの事。
なんか軽い頭痛。だるい。
う−ん昨日雨に打たれて濡れちゃったから風邪でも ひいたか?そんなこと思いつつ、風邪薬を半人前のむ。
翌日には何ともなかったので、風邪だったのだろうと思いこんでいた。
家に帰って、ハタと思いついたああそうか高山病か!
まだまだ体力に自信(過信?)があったさかぼうはまさかそれとは思わず、 3000mで高山病ってなるんだな−と妙に感心。

体験談や症状、解決方法など読んで知ってはいたのですが 結構他人事と思っていました。
高山病にかかる人、ならない人はっきり別れるわけでなく、 体調によってなり易く なったり、そうでなかったりするものだということを実感しました。
ちなみに解決方法は高度を下げる事。
それより予防方法として高度順化を考えたプラン 作りが有効といえるでしょう。

地球に間借り気分
小屋の泊りもいいですが、ちょっと踏み込んでテントを担いでそれに 泊まりませんか?
ゆったりスペ−スが取れ、いびきや他者の物音に煩わされない。
テントから顔を出せば満天の星空。山の自然と一体になる錯覚さえ憶えます。
しかし、担いでいく労力、悪天のときの苦労などもある事は事実です。
それを楽しめるほどの達人ならばよいのですが、メリット、デメリット踏まえた上で 考えましょう。
さかぼうはいつもテントをオススメしています。
辛苦はあっても自然と格闘し一体となるのは この上ない楽しみですから。


山で泊まる究極のスタイル!


映画スタンド・バイ・ミ−で少年たちが毛布一枚で野宿をするシ−ンがあります。
そこにテントはありません。
雨の降る事がまれな土地の行動なのでしょうけれど、 夏、岩陰でシュラフカバ−のみ。 これぞ究極のスタイルです。
星空を望みながらウトウトするってのはナカナカ気持ちのいいものです。

ちなみに低山だと”蚊”がたくさん寄ってきます。 カバ−を頭まで被るしかありませんのでご注意を。